モーションウィジェット

  • モーションウィジェット

« ごめんね。 | トップページ | ジローの「ツンデレ」 »

2013年12月19日 (木)

100年後でなくても・・・

「安堂ロイド」。

色んな意味で話題のうちに終わりましたね。結局・・・・なんだったんだろう?さっぱりわからないまま、ある意味子供番組のようにつっこみどころ満載のいい加減なストーリー展開のまま、本当にそのまま終わってしまいました。

一生懸命演技している主役級の俳優さんたちが痛々しかった・・・・。

悲しくなるくらいひどい脚本だった。なんでかわからんが、味方?の人間だけは、殺されても100年後の特効薬(!!)で生き返る。

他のアンドロイドは死んでいくのに、ロイドだけはなぜか100年後に海中に沈んだDNAを再生してもらって生き返る。じゃあ、他の”悪い”アンドロイドだって生き返るかもしれないじゃん?
しかも。
その肉体は”アンドロイド”なのに、脳データを入れ替えると人間になるって・・・・どう考えても変じゃない?おかしいでしょ。

まあ・・・・興味ないからどうでもいいけど。

しかし、医学は現在でもすごい進化しているんだよね。

周知の通り、10月17日に右手指を器械に巻き込んで関節を失ってしまった旦那ですが、今後関節の再生治療にとりかかることになりました。

素人調べで人工関節を入れるんだとばかり思っていたのですが、そうではなく、自身の肋骨を使って関節軟骨を再生するんだとか。

その後、手首から不要な腱を取り、移植。

そうすれば、完全に元通りとはもちろんいかないけれど、ある程度の機能は回復するそうです。
すごいね。

他に足の指を移植するという方法もあるらしい。手指を失ってしまっていたら考えないでもないけど、そこまでする必要は・・・・・。
もちろん、胸を開けることは怖いけど、このまま曲がらない指で生活することを思えばチャレンジする価値はあると思う。

いずれにしても、希望が見えてほっとしました。

いろいろあった年だったな~~。

« ごめんね。 | トップページ | ジローの「ツンデレ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159976/58780546

この記事へのトラックバック一覧です: 100年後でなくても・・・:

« ごめんね。 | トップページ | ジローの「ツンデレ」 »