モーションウィジェット

  • モーションウィジェット

« ”おっさん”?ジロー | トップページ | 新喜劇以上さ。 »

2014年1月11日 (土)

ざわざわ

日本もいろいろドラマが始まり出しました。見てます??

木曜がすごいね。旦那が喜びそうなものがそろい踏み。

「医龍4」に「DMAT」、「緊急取調室」。同じ時間帯にぶつけて来てるのがおもしろい。
初回は「緊急取調室」に軍配が上がったみたいだけど、どれにもすごい俳優陣を持ってきているところ、局の本気度が浮かんで見えます。

さて、ジョセフの「ラブ・アクチュアリー」の放送も始まりました。DATVは”華流7”と題して、台湾ドラマの放送にも力を入れてくれている。2月5日からは「イタズラな恋愛白書」の放送も始まるし(もう見たけどね)。
日本のドラマも入れると、録画がたまるたまる・・・・。

けれど、そんな私が一番はまっているのが「終極」なんだよね~。

内容は漫画なみなんだけどさ。なんか・・・面白いの。相変わらず、「くどいっ!」と思う部分も多いけど、今の日本のドラマにない面白さがあってやめられない。

くどいけど、なんでこんなエピソードを思いつくの?と思っちゃう。日本なら・・・・あまりにばかばかしくて無駄とばかりに一蹴されそうな。
そこが台湾ドラマのいいところで、そして面白いところなんだよね。

「3」にはSpeXialのメンバーが全員出てるんだよね?(と言っても・・・・私はドラマで初めて彼らの存在を知ったんだけど)

ワンチュン(子閎)君は「2」の時から目が離せない。髪型は「2」の時の方が好きだし、性格も「2」の時の方が好き。「3」ではとげが抜かれてしまって・・・・ただのいい子に見えてしまう。切なさ度合は変わらないけどね。「2」の眼力(めぢから)とちょっとすさんだ風貌が実に似合ってたのに・・・。
残念。

花ぼっちゃま(明杰)君とはお友達で、遊んでいるところを一緒にスカウトされたそうです。明杰君も・・・最初は「なに?この子・・・」と思っていたけど、なかなか他にはない、いい味出してます。

まあ・・・こんな若い子に交じって演技やるジローも大変だったやろうね。

ウィキを見ると、ジローとキングが結ばれるのかな。ワンチュンは「レイティンの幼馴染」となってるだけだからね。ふう~ん。

「2」を基本に踏まえた作りになっているところが「3」のなんともいえない面白いところ。

同じメンバーで、同じ時間軸。でも違う話になっている。

歴史が変わっているから一緒に過ごした記憶はないはずなのに、だけどなにかがざわざわする。

それをみているこっちもざわざわする。

そんなところが面白い。

« ”おっさん”?ジロー | トップページ | 新喜劇以上さ。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ”おっさん”?ジロー | トップページ | 新喜劇以上さ。 »