モーションウィジェット

  • モーションウィジェット

« 「邱澤日記」1月30日 | トップページ | ニューウェーブ・・・? »

2014年1月30日 (木)

悲しいいやがらせ

「ホントの愛は~」。

とうとう奕茹(イールー)が、この契約が仕徳(シーダー)からの報復(いやがらせ)だと知ってしまうアンケート調査の仕事。

実は資料整理もアンケート調査も、実際はものすごく長い時間やらされてるんですよね。
しかもやり直しにつぐやり直し。

アンケートのやり直しを命じられて、そこでようやくこれはおかしいと。

そこに至るまでに啟鳴(チーミン)が、そんな仕事はおかしい、いやがらせだと指摘していましたが、彼女は耳を貸さなかった。

今日もでかけたと聞いて、あわてて追いかけて来た啟鳴の目の前で彼女が車にひかれそうになった。だから怒ったんですよね。(そういう部分はごっそりカット)

けれど、この仕事を途中で投げ出すと高額の賠償金が発生する契約。

好きなのに、だからこそだまされたことが許せない。

そんな仕徳の悲しい怒りがよおく伝わってきます。
また、こんなにいい人を騙してしまったのだから仕方ないと、耐え忍ぶ奕茹の悲しみもよく伝わります。

ものすごくカットされてるけど・・・・大体は伝わるよね??

さて日本のドラマですが。

「DMAT」は×。

もう見ない。

今日の冒頭の数シーンを見ただけで一気に冷めた。なんや、あの女は。
すべてをぶち壊したよな。もうバカらしくて見る価値なしと判断。
ごめん。

「明日ママ」も、結局抗議に負けた。内容を差し替えるってさ。
いまさら遅いでしょ。

なにやってんだろ、日本のTV局は。

« 「邱澤日記」1月30日 | トップページ | ニューウェーブ・・・? »

台湾ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「邱澤日記」1月30日 | トップページ | ニューウェーブ・・・? »