モーションウィジェット

  • モーションウィジェット

« ざわざわ | トップページ | 「終極3」13話 »

2014年1月13日 (月)

新喜劇以上さ。

「終極一班3」を12話まで見ましたが。

どんどんおかしくなってくる。

なんでこんなので涙が出るんだろう・・・・と思えば、腹がよじれるほど笑う。

吉本か??と言いたくなるぐらいお決まりのパロディーに妄想シーン。
笑える笑える。

少し前の、女子大生との合コンシーンでは「終極F4」に「留心花園(流星花園)」。

ジローの前作:「美男(イケメン)ですね」は繰り返しパロられて、12話ではヘイロン(黒龍)の催眠にかかったバオサン(寶三)が大東(ジロー)を襲おうと忍びこんで火事を起こしかけ、それをツバで消そうとしているところを風呂から上がった大東が見て一言。

「高美男(コミナム)!」

ぶーっ!!
もう笑った笑った!

で。

ジローのセリフが「なんでこんなこと言っちゃんだろ?そうだ、泰京(テギョン)兄さんに聞いたんだ。うん?待てよ。今は”終極一班3”だった・・・・!」と続く。

もうひとつ。

ドラマの中は一方通行の恋模様が横行していて、一体何角関係になるのかわからない。

そんなもめごとをながめているカゲ(那個誰)はいつも妄想する。その妄想は、毎度なぜだか男女が逆転。
ジローとワンチュンは何度も何度も女になるんだけれど・・・・それがおかしくて。

これが繰り返されると、カゲの妄想の吹き出しが出て来ただけで、「またあ~~??」と思ってしまう。
ある意味、楽しみでもある。(くすくす)

はっきり言って、こんな妄想シーン、筋にはなんの関係もない。日本じゃ絶対にやらないよね。それをやるところが台湾なんだな。大好き!

結局、2より3の方が数段おもしろい。
でも2がないと3が成り立たない。

ほんとバカバカしいんだけれど、あの世界にすっぽりはまりこんでいる私です。

« ざわざわ | トップページ | 「終極3」13話 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ざわざわ | トップページ | 「終極3」13話 »