モーションウィジェット

  • モーションウィジェット

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月27日 (日)

ルーズベルトゲーム

今夜の「ルーズベルトゲーム」で、今春の池井戸作品二作がでそろいました。

軍配は・・・・もちろん「ルーズベルト~」ですよね。制作チームが「半沢」を作ったチームだし。出演メンバーもかぶってる。
いやいや。
懐かしくは、あの「白い巨塔」を彷彿とさせる二人の対立があるわけで。(財前先生と里見先生)

申し訳ないが、TV局のドラマ制作能力の違いってことかな。

原作が「半沢」の作者であれば、なんでも売れるってわけじゃない。どこまでドラマを真剣に作り込むかってことでしょ?

確かにアンちゃんの花咲舞には、多少スカッとするところはあるかもしれない。だけど、ドラマとしてきちんとストーリーや登場人物が作り込まれているかといえば、相当適当でずさん。
役割のわからない部署に、役割のわからない上司が多すぎ。
それに、支店の業績UPのために人件費を支店長が削ろうなんてあり得ないし(そんなことは本部が考える)、ありえたとしてもそもそも女子行員の給料なんてスズメの涙で、それなら渉外行員を切る方がもっと現実味がある。

2話目で言えば、テラーを4、5年経験しただけの彼女が、融資案件に口を出せるはずがない。

まあ・・・・そもそも、「臨店」なんて部署は少なくとも我が行にはないし、ミスがあったからといってちまちま指導が入るなんてない。
さらに言えば、いまどきの銀行がいちいち「ゴメイになりました!」なんてやってるわけないし。
原作の設定がまあ30年前くらいの銀行だとしても、せめてドラマにする前に現在の銀行の取材をするべき。内容を「ありえないよね」と笑うなら、毎週見る価値あるかもね。

では「ルーズベルト~」に突っ込みどころがないかと言えば、大ありなんだけど。

最後のシーン。

融資課長にすごむところで大事なシーンだったのだけど。申し訳ないが、あの課長の口座の移動情報をもらした銀行こそ、重大な罪を犯していませんか?
相手が誰であれ目的がどうであれ、第三者に顧客情報をもらしたことは融資課長が犯した罪と同じくらい重大でしょう?どうして誰も突っ込まないの??

ありえない。

とは言え。

唐沢さんが黒なのか白なのか、江口さんが黒なのか白なのか。
大変興味があります。

原作を知らないので想像ですが、なんとなく黒幕は彼じゃないのかな~と思っている筋書きがあります。

当たるかな~。

2014年4月20日 (日)

春ドラマ

Kenちゃんが来日します。

お金がなくなったのかな~?さて、どうするか。

コンサートだったらいいのにな。

6月28日土曜日です。

そして。

「二人のパパ」DVDが発売になります。

http://www.asian-hana.com/2014/04/6-3-6-4-dvd.html

う~~ん、いい感じ!

子供物好きな方には必見です。

春ドラマがでそろいましたが、みなさんの感想はいかがですか?

個人的には「MOZU」はちょっと難しすぎて。ただ、映画クオリティのこのドラマには興味があるので見続けると思います。

「BORDER」もなかなか面白い。そしてお気に入りは「アリスの棘」。さすが樹里ちゃん。うまい!
のだめとは全くの別人になる。

最後に「極楽ガンボ」。

テレビで、しかもゴールデンでこんな内容、いいの??というくらい、えぐい。
しかもすごい面子なんだよね。クドカンまで出ててさー。

あとは・・・・「ブラック プレジデント」。内容は・・・・まあまあ。不思議なのは素人のような俳優がたくさん出ているところかな。意外と新鮮。

「ホワイトラボ」は、”くそ”。「MOZU」と同じテレビ局が作ってるとは思えない。
遊んでんのかふざけてるのか。
いまどきあんな空っぽなドラマ、作るかね。

台湾では現在、アーロンドラマが独走中だそうで。(彼、ここのところ当たってるよね~~)

今度はお相手がティア。
彼女、意外にも主演は初めてなんだって。

http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2014/04/post-9934.html

ああ。
やっぱり台湾ドラマに出続けないと・・・・・。ロイ君、忘れ去られちゃうよ。

2014年4月13日 (日)

邱澤日記 4月11日

Photo
「一碗入魂 」

うう~~~ん・・・。日本のラーメンだよね?

先日のお地蔵さんといい、彼はひょっとすると日本を旅行中???

予想外

「蘭陵王」が終わりました。

え~~あんな終わり方するんだ・・・・・・。う~~ん・・・・・。でも、まあ予想はしていなかったな。

史実を調べてみたら高緯が安愚だったことは確かで、彼の時代に周に滅ぼされたことは事実。けれど、高一族や周囲の高官はそのまま周に引き取られ、その後反乱容疑が起こって粛清されたと書かれてありました。

もちろん古い歴史なので諸説あるんでしょうが。

高緯役の俳優さん。
最期の演技はすごかったね。毒死の最期、黒い血を吐きながら白目までむいてみせた。
なんか・・・・・ある意味忘れられない人だった。

私としては、あの豪華で高そうな衣装を血で汚すのはすごい勇気だな~~と下世話なことを考えてしまいましたcatface

さて、今年はあっという間に桜が咲き、満開の頃には非常に寒く、とうとう花見を逃してしまった我が家。
昨日、ようやく造幣局の桜の通り抜けに行って来ました。

例年たくさん出ている屋台は、福知山の影響でどうだろう・・・と心配していましたが、ちゃんとありました。

と、旦那がどういうわけだかやたらと金魚すくいがやりたいと言い出し、さらにすくった金魚を全部持ち帰りたいと言い出し。

本当ならそのまま大阪市内をうろうろして夕食も食べて帰るつもりが、金魚が気になって気になってまっすぐ帰ることに。

それどころか、帰るなり近くのホームセンターに金魚の家や餌を買いにでかけることになりました。

私はメダカの担当。
これはあんたが持って帰りたいと言ったのだから、あんたの担当ね。

そう言っていたのに。

結局すべてのセッティングを私がやることになってしまった。

彼はものすごくご機嫌で、子供みたいにはしゃいでいる。

ま・・・・いっか・・・・。

もうひとつ、思いがけないことが起こりました。

覚えていらっしゃる方もおられるかもしれませんが、SUNNY(サニー)ちゃんから連絡が入りました。かつての広東語の先生であり、付き合っていたこともある、あのサニーちゃんです。もう何年振りだろう。

出会ったころは20歳になったばかりで若かった。

彼によると15年ばかり中国で仕事をしていたが、このたび仕事を辞めて(また?)心機一転するんだって。

結婚・離婚・再婚・・・・までは知ってるけど、その後どうしてるんだろうな。

6月来日するから会うことになりました。

ちょっと・・・どきどき!春だね~~。

2014年4月 6日 (日)

邱澤日記 4月5日

Photo
「生死疲勞,從貪慾起,少欲無為,身心自在。」

生きることに対する疲れは、貪欲から起こる。欲少なくあるがままに生きれば、身も心も自在となる。

2014年4月 3日 (木)

GTO台湾版

GTO台湾版。

先月から放送始まってるのにうわさ聞かないな~と思い、映像を調べてみました。

番宣映像がありましたので貼っておきます。結構おもしろそう~。でも、現地の言葉がしゃべれないのに、なぜに担任???

懐かしいSpexialのメンバーが出てますよ。

2014年4月 2日 (水)

泣かせて!

毎日「蘭陵王」を見て泣いております・・・・。

アリエルちゃん、うまい!!

Mちゃんとは、会えば「あの女・・・・!」と二人を引き裂いた鄭児を呪っております。

しかーし。

敵ではあるが高緯役の人、演技がうまいんだよねー。うん。
憎たらしいんだけど、なんだかかわいそうでさ。憎み切れない。どうやら鄭児にも裏切られているようだし。
(Mちゃん。喜べ。やっぱ、彼は生きてそうだぞ!)

ダニエルは、私の知る限りいつも恋が報われない役ばかりでかわいそうだね。すごくいい人なのにね。雪舞にこれだけ尽くしても振り向いてもらえない。
すぐに目のふちを赤くするところも、情が厚そうでかわいいな。雪舞を妃にするって・・・・彼には皇后がすでにいるよね??

彼女に命をささげる男性のなんと多いことよ!

これ、本当の美女が演ったら鼻について共感できないかもしれないところ、アリエルちゃんを持ってくるなんて、さすがだね。なんちゅうか・・・・現実味があるというの?絶世の美男子・蘭陵王といちゃいちゃしていても微笑ましく思えると言うか・・・・嫌味がないというか。

今夜も泣かせてくれるかな。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »