モーションウィジェット

  • モーションウィジェット

« 未来の凱旋門・梅田スカイビル | トップページ | いい嫁 »

2014年5月24日 (土)

回帰

今季のドラマはなかなか骨のあるものが多いぞ。

そして、アイドル主演で視聴率を稼ぐ時代は終わったと実感させられる。

うまい俳優が演技で引っ張り、いい脚本が視聴者をわくわくさせる。
そんなドラマの本筋に回帰したTV局に拍手。

「MOZU」は、残念ながら西島さんがめずらしくよくないし、「最高の離婚」で存在感を放った真木よう子もなんだか棒読みゼリフで今一つ。
そんな中、異彩を放っているのが新谷役の池松壮亮君。

彼の拷問シーンもすごかったけど、存在自体が不気味で。

特に先週の吉田さん(この人、こういう役やらせたら天下一品!)との格闘シーンは、二人が本物の役者だけにものすごかった。

今後の彼の人生を左右する役になるだろうね、この役は。

「アリス~」の樹里ちゃんがうまいのは言うに及ばず。
医療現場が復讐の場として使われる恐ろしさと、彼女の演技に引き込まれて目が離せません。

そして、「BORDER」。

私、アメリカドラマの「ミディアム」が好きで全シリーズ見てたんだけど、意外とこういう設定、好きなのかも。

小栗君も頑張ってるけど、今週回の闇の掃除屋を演った中村さんは迫力あった。
怖かった~。
まさかミュージシャンだとは。

「ルーズヴェルト~」はいわずもがな。
なんたって唐沢さんですから。

ああどうか。
このまま盛り上がりを継続してくれますように。

« 未来の凱旋門・梅田スカイビル | トップページ | いい嫁 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 未来の凱旋門・梅田スカイビル | トップページ | いい嫁 »