モーションウィジェット

  • モーションウィジェット

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

Jerry、シングル発売

JerryがCD出すんだとさ。

http://www.asian-hana.com/2014/08/f4-f4-13.html

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140829-00000028-mnet-musi

あべのキューズに来るよ??ということは。

ポニキャニから出すのかな?

「二人のパパ」の追加記事も出ました。ホームドラマチャンネル、すごく推してるね。
J:COMの冊子も裏表紙に大々的に宣伝出してた。

たとえ人気俳優が出てなくても、いいものはいいのだ。私のお気に入りの作品がこうやって受け入れてもらえるのはすごくうれしい。

http://www.asian-hana.com/2014/08/post-597.html

http://www.asian-hana.com/2014/08/post-648.html

2014年8月24日 (日)

喜歓・一個人

この休み、予定もないので・・・かといって見たいテレビもないし。用事の合間になにか見ようかな、といくつか土曜日に借りてきました。

現在「項羽と劉邦」を見ている関係で、その後の話になる「三国志」(って、実はたくさん種類があるのだけど、最近のでお金がかかっているシリーズ)を一巻だけ借りてきました。またまたピタホーが出てきて混乱した。今回は呂布の役なんだ。
なんだか・・・若い!

大陸物で安心して見れるって時代劇だけだもん。

その後、パフと以豪君の「喜歓・一個人」の14話をネット視聴。

パフ、すごく演技うまくなったよね。「王子様をオトせ!」の亮亮と杜凱琪じゃ全然別人。
私的には凱琪の方が好きだけど、どちらかというとお嬢様キャラが板についてるパフがちょっとおつむが弱そうな亮亮やったこと自体が挑戦だったと思う。ちゃんと天真爛漫な子を演じれてた。拍手。

反して凱琪は気が強くて独立した女性だから、よりパフには似合ってるかなー。

以豪君とは一週替わりでツンデレ繰り返してるんだよね。こんなにツンとデレの差、あるもんだろうか?普通はないよね・・・と自問しながら見る。

来週はお兄ちゃんの人生が変わるのかな?変わるといいな。

台湾ドラマの特徴である、家族の温かさを盛り込むという部分をしっかり持ったドラマです。
きっと日本にも来るよね。

バーベキュー

来週から放送が始まる「ショコラ」。ラン・ジェンロンのインタビュー記事が出ました。

http://www.asian-hana.com/2014/08/post-258.html

写真、いいね。
基本、あまり彼の事は好きじゃないが、この写真の彼は好感が持てる。

そして「イタキス」東京版2。

台湾版と同じく、ハネムーンから始まるんですね?(行先は沖縄だけど)

http://www.cinemart.co.jp/itakiss-okinawa/

んで。

アジクロさんに「ルパン」記事出たんで、再びですが貼っておきます。

http://www.asiancrossing.jp/focus/2014/0815/index.html

金曜日。

職場でバーベキューがありました。

本当は淀川の花火大会の清掃ボランティアの後にやるはずだったのに、例の台風で花火大会が中止になり自動的にバーベキューもなくなった。かと言って予算が降りているのでやらないわけにはいかず・・・という感じで開催。

旦那も出張でいないし、一食浮くしという理由で参加。でもこれが意外と楽しかった。

開催場所はほかでもない、支店の屋上駐車場。男性も汚れてもいい私服に着替えて参加し、お天気もまずまず。

みんなでワイワイとなにかやるって、最近少なくなってきているけれど楽しいね。それぞれの個性もわかるし、屋上だけど外ってことで気分も開放的になっていろんな話もできた。

またやろう、という話が出たけど、次も参加してもいいかな。

2014年8月19日 (火)

アーロン&イーハオ

はい。来月、西宮にアーロンが来ますよ?

http://www.asian-hana.com/2014/08/aaron2dramacut.html

アーロン、現在放送中のドラマも好調で波に乗ってます。パフと共演の「王子様をオトせ!」も次回で終わりかな?パフのドラマも、私、毎週楽しみに見ています。で、パフとそのドラマで共演中のイーハオ君、前作があさってから「アジドラ」で放送開始です。

http://www.asian-hana.com/2014/08/post-553.html

http://f4.tv/koiai/

2014年8月18日 (月)

Ken、待ってるよ!

Kenのファンミ記事がようやく出ました。

http://www.asian-hana.com/2014/08/iken-fanmeeting-2014-1.html

記事を読んでいて、最後、「またステージに戻ってきます。だから忘れないで」と言ってくれたと知ってうれしかった。本当に辞めてしまうのかと思っていたから。

彼、音楽が好きだったよね。だから、歌までやめてしまうのかと信じられなかった。

いつかまた、彼のコンサートに参加できる日がくるといいな、と思います。

Photo
さて「邱澤日記」8月17日

”今天是打雜小弟。”

今日は雑用係・・・・だとさ。

さてはて、どこで?

2014年8月16日 (土)

終極一班3

やばかった。見のがすところだった。

DATVで、19日より「終極一班3」が始まるのを知らなかった。間に合った。

一旦解約していたDATVの契約を、あわてて加入し直し。忘れずに録画予約しておかなければ。

http://datv.jp/p000574/

http://www.myjcom.jp/tv/drama/program?kiji_id=0000040244

2014年8月14日 (木)

パブロ

最近実はロイ君、さかんに日記更新やってるんだよね。

私の気分が上がらずにUPしてなかったけど・・・・今日の日記。なんで「パブロ」のチーズケーキが???
「パブロ」が台湾に行ったのか、はたまたロイ君が大阪へやってきたのか。

Photo「邱澤日記」8月14日

   ”放下屠刀⋯。 ”

直訳すると、「屠殺用の刀を下ろす」という意味なんだけど、これはどうやらことわざの一部になるみたい。

決まり文句で「放下屠刀,立地成佛」という言葉がある。すなわち、「屠殺用の刀を下ろすとすぐに仏になれる」ということで、当初の意味は言葉通り殺生をやめると仏になれるという意味だった。それがだんだんと変化して、悪い奴でも反省すればいい奴になれる・・・・という意味になったらしい。

ロイ君がこのくずれたケーキにどんな意味をもたせているのかはわからないが・・・。

このケーキ、中がドロドロなので持ち帰るまでに崩れてしまうことが多い。でも見る限りそういう崩れ方ではなさそう。ということは。
誰かが食っちまった。そういうシチュエーションなのかな。

あはは。
想像しちゃうね。


2014年8月13日 (水)

項羽と劉邦

今週は、ようやく夏休みです。

地獄の6月7月を過ごし、また出て行けば地獄なんだけどね。

明日の事を考えず、ゆっくりのんびりできるのは幸せ。

録りためていた番組も、ほぼ見つくしました。あの「項羽と劉邦」までも。

有名な話だから、中国では繰り返しドラマ化、映画化しているんだけど一度も見たことがない。ピタホーが項羽やっているということで、とりあえず録画しておいたもの。

ピタホーはいいとして、劉邦やってるおっさん。もうなんかね、全然オーラがなくて。
劉邦自体がそんな感じではあったらしいんだけれど、ただ調子がいいエロ親父でしかない。なのに、なんで漢の国を創建出来たんだか。

三国志の劉備玄徳のような感じ。まあ・・・・劉備は彼の子孫なんだから似ててあたりまえか。

戦が上手なわけでも腕っ節が強いわけでも、頭がいいわけでも権力があるわけでもなんでもない。なのになぜだか人材が彼の元へと集まってくるのよね。(てか、そういう設定)
ただの貧乏なド庶民のおっさんが、なぜだか人望だけはある。この役者さんからはそういう魅力は感じられないんだけれどね。

漢民族にとって、祖である劉家はそういう存在であってほしいんだろうね。

戦うのは民のため。

そういう”意気”に感じて、劉邦の時には張良や韓信が、劉備の時には孔明が支えた。
そして敵である残虐な項羽や、狡猾な曹操に対峙した。

ドラマの作りとしては・・・・なが~いドラマだし、ちゃちくなるのはしょうがない。CGの使いまわし。しょうがない。
でも音楽が・・・・。
あまりにもバリエーションが少なくて、全然場面にあってなくても例えば5あるうちの2!という感じで放り込んでいるので、感情移入がまったくできない。
BGMって大事なんだなーとつくづく思う。

日本で放送されているのは本編をカットカットしたものに違いないとは思うけど、たまにえっ?と巻き戻して見直すほど場面が飛ぶ。
真剣にみるほどのことはないからいいけどね。それにしても粗い。
の割には、日本語の吹き替えは一流の声優(俳優)さんがやっていて、そこはいい。
だって・・・・二流三流のへたくそな吹き替えがついていたらそれだけで作品、死んじゃうもんね。(そういうの、見たことあるし)

劉邦もぼーっとしたおっさんがやってるけど、韓信もぼーっとした俳優さんがやっている。

全然頭いい風には見えないんだけど・・・。

そんなゆる~い感じがつっこみどころ満載で、なんとなく見続けています。

さて、こんな風に大陸の歴史ドラマを見ていると、こういうところが中国側と日本側の意識のずれにつながっているのかなーと思うんですよね。

日本人は、実は中国の歴史や文化が好きだったりする。私も幼いころから水滸伝や三国志が大好きで、繰り返し小説を読み返していたもんね。現代の中国や中国人が好きではなくても、そこは変わらない意識だと思うんだ。

けれど、中国側にとっての日本は、抗日運動という視点でしか語られないんだよね。

第二次世界大戦を語るにしてもそう。

日本人は、自分たちも被害者という意識が高いから、そういう視点で作られる番組が多い。戦後、中国人に孤児がお世話になったという歴史も知っている。感謝もある。

ところが、中国ではやっぱり残忍非道な日本軍の部分でしか日本については語られない。

そういったところが双方にずれを生じさせているんだよね。

今の中国では、自国の統制に都合のよい報道しかされないから、日本民族も軍と戦争の被害者だったんですよ、と伝えてはもらえそうにない。せめて、繰り返し抗日ドラマを放送するのを自粛してくれるといいのにな、と祈るばかりです。

2014年8月 6日 (水)

Jerry来日

「ルパン」プレミア。

Jerryも来てたのね。

http://www.asian-hana.com/2014/08/post-372.html

2014年8月 4日 (月)

ルパン記事追加

「ルパン」。

内容はそう変わらないけど、記事追加です。

http://www.asian-hana.com/2014/08/f4830.html

毎日暑くて嫌になる。メダカの鉢はゆだってお風呂のよう。

お魚も大変だね。

余談だけど、小栗ルパンとJerryだったら差があるだろうなー。これ、ロイ君出れたらよかったのに・・・・。
あこがれの浅野さんとの共演になるからね。

2014年8月 2日 (土)

「二人のパパ」放送決定!

「二人のパパ」。9月からホームドラマチャンネルで放送が決定しました!おめでとう!!

http://www.asian-hana.com/2014/07/post-351.html

やあ~~。
はっきり言ってアイドル出てないし、メジャーな台湾俳優皆無(メーガンのみ)の中での日本放送決定は快挙と言うほかない。

内容で勝ったというべきだね。これでたくさんの人に見てもらえる。
よかったよかった。

台湾でも下半期のドラマ発表があったようだけど、三立ではこの「二人のパパ」でブレイクしたパピーこと林佑威と、我らがジョージ君が主役に立つらしい。

http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2014/08/post-a881.html#more

わくわく~~。

見るかも。
いや、見るな、絶対。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »