モーションウィジェット

  • モーションウィジェット

« 秋の珍事 | トップページ | 新作ドラマ »

2014年11月 3日 (月)

「再説一次~」11話

「再説一次~」11話。

もう1週間待ちきれなかったよ~~。

展開につぐ展開で。でも??なこともあって。

買収に抵抗するために2つのホテルが合併する、と発表したのはいいけれど。えっと・・・・。
それこそ株主総会を開いて規定数以上の賛成を得る必要があるのでは??
万が一開いたとしたら、今や東華の約半分、Marsの約30%の株を保有しているのは敵対するRCグループであってそれこそ実現できるはずがない。

う~~ん・・・・。

この話、結局どこへ行くんだろうなあ。

当初はタイトルから単純なラブコメディーだと思っていたけど、ここへきて買収だの株主総会だのきな臭い要素が入ってきて。
二人の間にそれぞれのホテルを傘下に入れようとする投資グループの御曹司とお嬢様の兄妹が割り込んでくるわ、それが二人の愛情まで手に入れようとするわでチョー面倒くさい展開。

まあ、二人で力を合わせて乗り越えるんだろうけどね。

でも収視率は先週よりも回復したので、ほっ!
小葵の出生が明らかになって好転するかも??と思った視聴者が戻ったのかもね。

展開は面倒くさいけど、おもしろいです。

さて。

今日は録りためたドラマも見なくちゃ、と、ひさびさに「終極一班3」を集中して見ました。

真面目にみるとまあ信じられないくらい荒唐無稽でバカバカしいお話なんだけど、ちりばめられたエピソードにはキラキラするものも多く。
自分の気持ちが報われないと知った萬鈞と、彼の気持ちに応えられないけれど失いたくない雷婷のシーンは、二人の目からぽろぽろ落ちる涙に思わずもらい泣き。

一クラスにはそれなりの人数がいるから、それぞれが抱えるラブストーリーの数も多い。

なんかねー。告白のセリフもおしゃれなんだよね。こんなドラマなのに。

ばかばかしいんだけど、つい見ちゃうんだよね。

« 秋の珍事 | トップページ | 新作ドラマ »

台湾ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の珍事 | トップページ | 新作ドラマ »