モーションウィジェット

  • モーションウィジェット

« ホタル | トップページ | マーフィー名シーン集 »

2015年6月20日 (土)

「マーフィー」14話

「マーフィー」14話。

このドラマは、必ず1話にひとつ、忘れられないシーンを用意してるよね。

今回は気持ちにすれ違いが生じてしまった二人。
原因は、あの日、ラジオ局の生番組に穴をあけてしまったことで彼女がプロデューサーになじられ、どんなに辛い思いをしたかを恋敵から聞かされたから。

「みんなが知っていることを、どうして恋人である僕だけが知らないんだ?しかもその原因を作ったのは僕なのに」

曉彤はそれよりも、仕事相手である彼の恋敵に対して失礼な態度をとった家尉のことが腹立たしい。

彼女のよそよそしい態度に家尉は「まさか、彼女は彼女のことを僕が怒ってると誤解しているんじゃないんだろうか。腹を立てているのは僕自身に対してなのに」と慌てる。

そしてこんなことを企てるんですよね。

彼女を騙してあるライブハウスに連れてこさせる。そして登場する彼。

エンディング曲である≪想説(言いたいこと)≫を歌う。そして。

「言いたいことは全部この歌詞の中にこめた」
「怒ってもいい。でも、無視だけはしないで」

そしてこの一連の顛末を西門君たちが穴をあけた例のラジオ局にライブ提供していた・・・。

いやはやいやはや。

しかもこの放送がきっかけで、幼いころ家を出てしまった家尉のママが帰ってくるんだよね。

それではそのシーンをどうぞ。

さらに原歌はこの人が歌っています。

« ホタル | トップページ | マーフィー名シーン集 »

台湾ドラマ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
私もこのドラマ結構はまって見てます。
おもしろいですよね。
全18話みたいなので、もうすぐ終わってしまうのが残念。

台湾ドラマのことを話せるってあまりいないので
また遊びに来させてもらいますね。
では~。

>MYさん。はじめましてhappy01

おもしろいですよねー、大好きです。
今夜だから、夜中に頑張って見たいけど明日仕事なんですよね。明日の楽しみにとっておくか、悩みどころですcoldsweats01

また遊びに来てくださいねshine

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホタル | トップページ | マーフィー名シーン集 »