モーションウィジェット

  • モーションウィジェット

« 「マーフィー」13話 | トップページ | ホタル »

2015年6月14日 (日)

Promise In Love

2またまたロイ君哲学さく裂。

専門用語が難解で、ようやく・・・・です。

しかし。ドラマが影響してこんなこと考えたのかな。意味、わかる??

是否,愛情就像引擎一樣......

選擇太稀的機油,可以減少引擎阻力,能夠讓引擎的轉速迅速的爬升,享受動力反應所帶來的輕快感,但同時,這樣的機油衰退得很快,激烈操駕時,不小心,還會傷到曲軸和連桿,這種情況,不管再痛,都必要分解引擎,才能更換內部的零件,有時,還叫不到必須要更換的材料 。

 

選擇過濃的機油, 的確能夠保護引擎, 但濃的機油會讓引擎內部的運轉產生過多的阻力,讓活塞的運作變得遲滯,這樣的現象,會增加很多不必要的油耗,並且,減損了很多引擎原本應該有的馬力,超車時,有時會因為動力不夠,反而容易增加事故的風險 。

  

是否,愛情就像引擎一樣......

 

保守的低轉速開久了之後,噴油嘴勢必會積碳,在汽缸上方的油氣混合處,會堆積一層厚重的油泥,讓汽缸內的爆炸不完全,油耗飆升,引擎反應重托,而失去了這個引擎原本帶來的無負擔和浪漫,和開在 海岸線上伴隨著Jose James的Promise in love和日落前的美好時光。

 

清除油泥,有幾種辦法,第一,使用藥劑,從油管接入藥劑,取代汽油,讓引擎發動,這時,唯一能做的就是看著引擎痛苦的抖動,排氣管排著陳年濃厚的黑煙,直到油泥清除為止,這種方式,需要耐心的等待這個過程,但同時也必須要小心,因為坊間充斥著很多偏方,弄不好,還是有分解引擎的必要。

 

第二,維持高轉速的衝一趟山路或賽道,讓活塞快速的運轉,讓汽缸內激烈的爆炸,讓點火高溫的燃燒,帶走讓引擎室內產生不順暢的油泥。

 

但其實這種方式,很極端,首先,你必須考量這顆引擎是否還有激烈操駕的條件,波絲是否緊密,活塞環是否有間隙,舵輪皮帶是否龜裂,這些判斷,如果賭錯了,都有可能炸引擎。而且,平時保持低轉速習慣的駕駛,衝山路或賽道時,一定會遇到避震器和煞車不夠用的窘境,此時的激烈操駕,依然會有發生事故的風險 。

 

是否,愛情就像引擎一樣......

 

選擇使用正確的機油,適時的拉轉,定期保養,保持良好的駕駛習慣,是否才是長久之計 。

是否,愛情就像引擎一樣..... 。

 

恋愛はエンジンと同じようなものだろうか・・・・

薄いガソリンを選ぶと、エンジンの抵抗力を減らし回転速度を急速に上げることができるため、エネルギー反応がもたらす軽快感を享受できる。しかし同時に、そういったガソリンは衰えが非常に早く、激しい運転をしていると、うっかりクランクシャフトとコネクティングロッドを痛めてしまうことがある。こういう状況では、再び痛むかどうかに関わらず、エンジンを分解しないと内部の部品を交換できないし、時には交換しなければならない部品がもう手に入らないことも。

濃いガソリンを選ぶと、確かにエンジンを守れるが、エンジン内部の運転は大いなる抵抗を産み出し、ピストンの動きを鈍くする。こういった現象は不必要な油の消耗を増加させ、かつ、エンジン本来の馬力を損なって、追い越しをする際のパワー不足でかえって事故のリスクを増幅しかねない。

恋愛はエンジンと同じようなものだろうか・・・・

保守的になってゆっくり走り続けると、インジェクターはきっとカーボン(炭素)をため込んで、シリンダー上方でオイルガスと合わさり一段とぶ厚い油あかを作ってシリンダーを不完全燃焼させ燃費を悪くし、エンジンは重い負託に反応する。こうなったエンジンは元来持っているエコとロマン、海岸線をJose JamesのPromise in loveを聞きながら走る日没前の美しいひと時を失ってしまう。

油あかを取り除くにはいくつか方法がある。一つは薬剤を使う方法。オイル管から薬剤を注入し、ガソリンと取り換えてエンジンをかける。この時唯一できることといえば、油あかが一掃されるまでエンジンが苦しげに震え、排気管から真黒な黒煙が立ち上るのを見守ること。こういった方法では、過程を見守る忍耐力が求められる。また同時に、注意深さも必要だ。なぜなら世間には偏ったやり方があふれているため、悪くすれば、やっぱりエンジンを分解しなければならなくなるからだ。

二つ目は、高速を維持したまま山道やサーキットを走り抜けること。ピストンを素早く動かし、シリンダー内を激しく爆発させれば、エンジン内にたまってしまった油かすをその高温で燃やしてしまえる。

だがしかし、この方法はものすごく極端で、まずこういったエンジンがまだ荒っぽい運転の条件を満たしているかどうかを考えなくてはならない。パーツはきちんとはまっているか、ピストンリングに隙間はないか、ハンドルベルトに亀裂はないか。こういった判断は一歩間違えると、エンジンを破壊してしまう。しかも普段ゆっくり走るのが習慣となっている運転では、山道やサーキットを疾走すると、必ずダンパーとブレーキが効かない局面にぶつかって、そういうときに荒っぽい運転をしていると事故をおこしかねない。

恋愛はエンジンと同じようなものだろうか・・・・

適切なガソリンを選び、適切なギアシフトをし、定期的に手入れを行い、良好な運転を保持することこそが長続きさせる秘訣ではないだろうか。

恋愛はエンジンと同じようなものだろうか・・・・

« 「マーフィー」13話 | トップページ | ホタル »

ロイ・チウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「マーフィー」13話 | トップページ | ホタル »