モーションウィジェット

  • モーションウィジェット

« アーロン大阪ライブ | トップページ | 明若曉溪 »

2015年9月16日 (水)

「你失去的那一天」第9話

「你失去的那一天」第9話。(書いてないけど、ちゃんと見てますよ~)

どんどん体の自由が奪われる澤銘が毎日書き綴った日記が出版されることになりました。
彼の母への思い、母の彼への思いに涙。

そして、弟・澤青の複雑な気持ち。

叔父が先週亡くなったことを知って検査を勧める周囲に、断固として拒否を表明する澤青。

早く知ったからと言って、なんになるのだ。
知らなければ、それまでは青春を謳歌できる。

万が一自分が発病したとして、周囲は再びそれを受け止めることができるのだろうか。

彼のつらい気持ちを思いやってあげる人がまだいないことがかわいそうだな。
ただのわがままじゃないのにね。

叔母さんから、おばあちゃんがなぜ母を追い出したのかの真相も聞けましたね。

父が自殺したのは母のせいだとして追い出されたはずだった。
しかし真相は、次々と男家族が亡くなっていくことを”家が呪われている”と思い、二人の孫を守るために家から出したのでした。

叔父が発病した時に医者が家系の死因を調べ、そこでようやくこの遺伝病の存在が明らかになったわけで、おばあちゃんはもちろん知りませんでした。

「どんなに辛かったか」と思いやる母。

手足の機能がどんどん失われていく演技を、はじめちゃんが全力で演じていますよ~。

« アーロン大阪ライブ | トップページ | 明若曉溪 »

台湾ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アーロン大阪ライブ | トップページ | 明若曉溪 »