モーションウィジェット

  • モーションウィジェット

« 「君プロ」放送日決定 | トップページ | 割り込み者 »

2015年10月 4日 (日)

「鬼基友」第6話

4「鬼基友」第6話。

凌ママがなぜ思宜につらく当たるのか、どんな仕打ちをしているのか。
思宜が、なぜこんなに宏沛への思いを引きずっているのか。
親友だった健豪が、どうして宏沛との写真を割ってしまったのか。

そのすべてを知ってしまった宏沛でした。

7
損失の責任を取って会社を辞めた思宜。

新しくやり直そうと思う反面、そのためにはどうしても知っておきたいことがあった。

実は彼女は宏沛が事故にあって以降会わせてもらえず、もちろん死に目にも会えていない。
葬儀にも呼ばれなかったし、どこへ葬られているかも教えてもらえていない。

「本当は死んでなんかいなくて、ママの言うことを聞いて海外へ留学しているだけなんじゃないかって思うのよ」

事故の前日。

凌ママに呼び出された彼女は、ママからこう言われていたのでした。

「あなたたちはまだ若い。学業に専念するべきだわ」
「海外へ留学するよう息子を説得してくれないかしら?留学から帰って、その時あなたたちにまだその気持ちがあったとしたら、その時は私だって付き合うことに反対なんかしないから」

しかし宏沛にはまったくその気がない。

「6年だよ?6週間や6日じゃない。たった6時間でも君と離れてなんかいたくない。ただそばにいたいんだ」
「明日卒業式が終わったら、役所に行こう」

そんな彼に、心を鬼にして彼女はこう言った。

「あなたとは結婚できない。人生まで背負えないわ」
「留学しないのなら別れましょう。留学するなら待ってるわ」

6そして翌日。

彼は死んでしまった。

しかも葬式にも参加できずお墓も知らないじゃ・・・・引きずるよね。

5そんな思宜の6年間の苦悩を知り、親友だった健豪が彼女に思いを寄せていることを知り。
身もだえするような苦しみを味わう宏沛。

う~~ん。
実は・・・・とひそかに思っていることがあるんだけど、今は言わないでおこう。

« 「君プロ」放送日決定 | トップページ | 割り込み者 »

台湾ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「君プロ」放送日決定 | トップページ | 割り込み者 »