モーションウィジェット

  • モーションウィジェット

« 「必娶女人」予告:環真編 | トップページ | 「失去你~」第13話 »

2015年10月11日 (日)

「第三者」第8話

「鬼基友」も「第三者」も、私の想像とは違う展開になって来てしまった・・・・。

特に「第三者」。

ううう~~ん。そっかー、そういうことも考えられるか・・・という感じで。

Photo指輪は巡り巡って本当の持ち主・紹青の手元にやってきた。
そして、嚴浩の弟・嚴然にも問い詰められて本当のことを話した。

「家安こそ第三者なのよ」と。

嚴浩の記憶が蘇れば、すべては明らかになる。
もうこんな辛い思いをしなくて済む。

そう思っていた。

Bmp紹青が隠し持っていた離婚協議書も、枕カバーの中(なんでそんなところに隠す??)から洗濯をしようとした家安の手に渡り、事件前の夫が自分と離婚しようとしていたこと、他に好きな女性がいたことが事実と知り、家安自身も夫の記憶が戻れば自分は捨てられる運命にあるという絶望に打ちひしがれる。

しかも、徐々に記憶を蘇らせつつある嚴浩がいて、事件前の三人の状態へ戻ることは時間の問題と思われた。

が。

3紹青と自分との関係や思い出が蘇っても。
妻である家安とは離婚の決意を固めていたという事実を思い出しても。

10年間、あんなに思っていた紹青への愛情が肝心の嚴浩の心に蘇らない!

4それよりも、事件後、温かく優しく、妻として必死に自分を支えてくれた家安に対する思いの方が大きくなっていた。

彼女を守りたい、悲しませたくない、良き夫になりたい。
それが今彼が思うことだった。

しかしそれは紹青を地獄へと突き落とす展開だよね。

予告では、第三者が紹青ということが家安の知るところとなり、家安がぶちぎれているシーンと、離婚協議書を破いている嚴浩のシーンがあってますます恐ろしい展開が期待できます。

いや~~そう来ますか~~。

まったくもって、そんな展開になるとは(嚴浩の10年越しの愛が冷めるとは)思ってもみませんでした。

このドラマ、まだまだ先があって、一体どうなっていくのかもう予想がつきません。
怖い!!

« 「必娶女人」予告:環真編 | トップページ | 「失去你~」第13話 »

台湾ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「必娶女人」予告:環真編 | トップページ | 「失去你~」第13話 »