モーションウィジェット

  • モーションウィジェット

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月23日 (水)

杜琵MV追加

「哥們」。

紹介のMV、最新版が出てましたので追加です。

メーガン、三立主演女優賞

いろいろと発見しました。

三立の今年の華劇大賞、終わってたんですね??

メーガンが最優秀女優賞獲ってたみたい。それにプレゼンターとしても杜琵ペアは会場を沸かしていたみたい。
またメーガンは男装だったので女優陣に囲まれて大変!日本でいうところの宝塚男役スターの扱いですよね。

マーフィーの二人もベストキス賞などもらってましたよ。

杜:俺は正直な男だから言わずにはいられない。髪が長かろうが短かろうが、君は変わらず魅力的な人だ。

琵:ありがとう。あなただって、濡れていようが乾いていようがやっぱりかっこいいわ。

杜:ベストキス賞。

琵:恋人だろうが哥們(男同士)だろうが、キスは欠かせません。

杜:私的な質問をしてもいいかな。

琵:どうぞ。

杜:湿ったキスと乾いたキス、どっちの方が好き?

琵:どっちも試したことないもの。

杜:うそつけ。

琵:ドラマの中では、私たち、まだキスできてないもの。どれも背中を誰かに押されてうっかり、でしょ?

杜:じゃあ、今日はベストキス賞のプレゼンターとしてきているけど、君がいいなら・・・。

琵:いいわよ。

(会場:爆)

ロイ君来日映像

ロイ君とアリスちゃんの来日報道、映像貼っておきます。

今週の「女人」と「哥們」

さて、他のドラマの話では「無痛」も面白かった。で、チョー怖かった。

イバラ役、誰?これ誰?と思いながら、終わるまで検索しなかった。中村蒼くんだったんですね。

「サイレーン」も、最後の最後までカラクリがわからなかったのも、なかなか凝ってて面白かった。

で、今週の「女人」も「哥們」も面白かったですよ。

郝萌は多分初めての恋愛なんでしょうねえ。やることがとても幼稚。

電話にメール、ことごとく拒絶されるからって、専門外の弁護を請け負ってまで環環のそばに近づくってさあ・・・・。なのに、なぜか「ごめん」の一言が言えないのだ。環環は「ごめん」の一言さえあれば許そうと思っているのにね。

そうやって肝心の二人がすれ違っている中、前躍が兄?との確執に環環を利用する。目的はわからないし、兄との関係もなぞ。
内心、勝男のことを本気で好きなのかなと思わせるふしもあるんだけど、よくわからない。

と、朝からこんなことを書いていると、金魚の水槽からとんでもない音が・・・。

あまりの尋常でない音にびっくりしてのぞきこむと、子赤(すでに子赤ではないが)のあか子がモーターに体当たりして大暴れ。しかも片側の腹から尾びれにかけてのウロコをすべてはがす勢いで。

あまりのことにフィルターを点検すると、ぱったり動きが止まっている。

実は先週フィルターを掃除したばかり。でも一つ気がかりなことがあったんだよね。
吸い込み口のふたがどこかへ行ってしまって、このままだとモーターに敷砂が吸い込まれて止まる恐れが。

しばらくは様子を気を付けて見ていたんだけど、不具合は起こりそうに見えなかったのですっかり忘れていました。

慌ててモーターを引き上げると、案の定小石が詰まってしまっている。だからなのか、変えたばかりのおしめ(と呼んでいる白いフィルター)がたった一週間でどろどろ。

記事書きを一時中断して、おしめ交換と相成りました。

なくなってしまった蓋の代わりをどうしようかと考え、手っ取り早くラップを使うことにしました。
ラップを小さく折りたたみ、かなりの丈夫さになったところで吸い込み口にあて、園芸用のビニール針金で固定したのち余分な部分を切り落とす。その上から所定のスポンジをかぶせるといい感じ!

水槽はかなり三人(子赤、琉金、黒出目)の具合がわるそうなので三分の一の水替えを決行。その後、清掃後のフィルターを稼働させ、現在は落ち着いています。

あか子の決死の訴えだったんですよね。すんません。

直後はウロコがはがれ血がにじんでいた横っ腹も、すっかりいい感じで目立たなくなっている。回復、早いな、お前は。

ドラマの話に戻しますが。

「哥們」の収視率は毎週上昇中。「女人」も上がっているんだけど、ダントツの勢いを保っています。

メーガンって、女優としては実はちょっと中途半端なんだよね。
めちゃめちゃきれい、というわけでもないし、背が高すぎて相手役も選んでしまう。

けれど最近、映画でレズビアンを演じたり、今回のような”オスカル”的な役柄でその個性をアピールして大成功。
これまでのダサい、田舎の純情娘からイケないセクシー姉さんへの転換を図ったアリスちゃんや、普通の二枚目俳優からスキンヘッドにして演技力をみせつけた中村君のように、役への挑戦があらたな扉を開くというお手本のような事例。

天海さんを目指せ!とは言わないけれど、もうすっかり主演女優の一員ですよね。

そんな「哥們」の内容がざっくりわかる映像ありましたので貼っておきます。

頑張れ、日本!

さて、日本のドラマも今期分はすべて放送終了。やっぱり巷で言われている通り、「ロケット」の一人勝ちでしたねえ。

日本、頑張れ!
頑張れるはずだ、あきらめるな!
お前ならできる!!

そう聞こえてきそうで。

胸の内にある見えないモヤモヤを晴らしてもらえたような気になったんじゃないでしょうか、見ている人は。
男も女も。

振り返れば崩壊寸前の日本の産業。
お家芸だったテレビもパソコンも、どのメーカーも撤退を始めている。近い将来日本製のテレビなんて買えなくなるんじゃないの?と心配する。

日本製は長持ちするからねえ。いったん買うとなかなか買い替えない。

6年前HITACHIのWOOでそろえたうちのテレビだって、とっくにHITACHIは作ってないし、当分買い替える予定はないし。

わずか6年前だよ?家を買ったとき、そう、ちょうど今頃。
ヨドバシには日本の家電があふれてた。

迷ったもんね、どこのなにを買うか。なのに、今じゃ選択肢も限られるなんて。
悪いけど、やっぱり韓国製なんて絶対買わないと思うしさ。

パソコンなんてとっくにそういう状態だよね。HITACHIもSONYも撤退して。これ、どこの?というメーカーであふれてる。

一体どこでなにを間違えたんだろ。

それでも日本の機械はすばらしい。それは世界中が認めるところ。
うちの旦那が忙しいのも、日本製の機械を求めるクライアントがあちこちから呼びつけるから。

そうだ!
大きく儲けようとなんてしないで、会社も人間も、そして国も。
原点に返って、日本人らしくコツコツとまじめに誠実にいいものを作って行けば、後からお金はついてくる。揺るがぬ信用はもうすでに先人が築いてくれているのだから!
ね!

最後にKaikaiさんのスターウォーズテーマ曲、貼っておきます。

途中にゃんこが乱入するのが、なんともKaikaiさんのピアノらしい・・・・。

2015年12月17日 (木)

来日記事

ロイ君来日記事。

http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2015/12/post-991f.html#more

2015年12月15日 (火)

今週の「女人」と「哥們」。

月曜は忙しいな。でも・・・楽しいな。

だって、「必娶女人」と「愛上哥們」が待ってるもん!

勝男って根は結局やさしいから、やっちゃった後に「悪いことした」「ひどいことをしてしまった」と後悔する。で、「そろそろこの辺でやめにしない?」と提案するが、その時には環環の怒りが大体頂点に達していて、またお互いに「負けるもんか!」となってしまう。

環環は環環で心の底では勝男のことを心配していて、前躍のなにか陰部を知ってそこから勝男を守ろうとしている。それが引き金でこんな関係になってしまったのだけれどね。

そんな二人に翻弄されてかわいそうな萌萌。

とうとう自分が勝男の兄であることを明かしてしまう。

心の中に環環が住み着いてしまって、眠れない。思い出すと動悸がする。
自分が本気で彼女を好きになってしまったことを知る。けれどその時には女二人の争いに巻き込まれて結局別れることに。

前躍が登場して来てさらにめんどくさい展開になりそうです。

「哥們」は・・・・来週がキャ~~な感じです。

収視率もどんどん上がって、大ヒットですね。女に戻った亜諾が出てきましたが、私的には男装中のメーガンの方が好き。かわいい。
彼女、ずっとショートカットで化粧控えめ路線でいけばいいのに。

2015年12月13日 (日)

イベント記事追加

ロイ君イベント記事追加です。

http://www.chinatimes.com/newspapers/20151213000471-260112

http://star.ettoday.net/news/612417

http://times.hinet.net/news/16744271

昨日出勤で今日だけ休みの私。

耐震工事のため建て替えになる、大丸・心斎橋本店を見納めに行ってきました。

あの建物は本当に素晴らしくて、外観は残すとのことですが私が気に入っているのは内部の装飾なんですよね。残してくれるんでしょうか。

石造りの階段、天井や中二階の装飾。

複雑な階層のつなぎは多少不便でしたが、あの重厚な空気感が大好きで好んで利用していました。

4年後?には、隣に買い足した元そごうの13階建てのビル(今は北館と呼ばれている建物)に高さを合わせて13階建てになるらしい。

今日聞いた話では、建て替えた本館と北館はそれぞれ渡り廊下でつながれ、やがてはその通路にも売り場が設置される予定だそう。となると相当な大きさになるわけですが、強気ですねえ。

今は中国人の爆買いに支えられて儲かっているが、反対に日本人からは敬遠されつつあるらしいし。
というのも、せっかく買いに来ても、店員が中国人に手を取られて対応してもらえないことが多くなっているから。

そっかー。

ほんまに多いもんねえ。今日なんか、クラランスでお手入れしてもらっていたら、メイクしてくれていたお兄さんが「おおー」。

「どうしたんですか?」
「いや、騒いでいた中国人の子供を親が蹴っていた・・・」

増えたのは中国人だけではないけどね。

チャイナ危機が始まったあと確かに一旦減っていた中国人も、冬になって再び姿を見かけることが多くなってきたような。

ま、観光で儲けることも大事なこれからの日本。

上手に付き合って行けるといいですよね。

2015年12月12日 (土)

ロイ君来日中

すっかり忘れてました。

今日、東京ではロイ君イベントだったんですよね。

早速記事になってます。

http://www.nownews.com/n/2015/12/12/1918769

また、10日にはこんな日本語記事が。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151211-00000053-rcdc-asent

AV男優としてスカウトを受けたというのもわかりますよねー。だって、絶対に目立つもん!!
まつ毛バシバシだしさー。
きれいな顔だしさー。
やさしいしさー。

「結婚なんてお断り!?」はホームドラマチャンネルで3月から放送開始。(日にちは未定)

台湾とほぼ時差なし放送は最近では珍しい。それだけロイ君への期待が大きいということ。

今日の記事は明日になればもっと出ると思うので、出れば追加しておきます。

2015年12月 8日 (火)

恋愛っていいなー。

「必娶女人」も「愛上哥們」も。

どっちもドキドキする~~!

すごくわかるし、恋愛ってやっぱいいな~と思うよね。

環環に”目的”があるとわかってはいても、あんな風に心遣いされたら男はいちころ。

逆に。

あんな風にお姫様扱いされたら、惚れない女もいない。

だから互いに”ふり”が辛くなってしまう。本気になりそうだから。それは子楓と亜諾も一緒。
見てるこっちはドキドキする。

どうするかな。
どうなるかな?

来週が待ちきれません。

それにしても、カラーの畑ってすごく素敵!
実際には下は泥なもんでちっともロマンティックじゃなかったみたいだけどね。しかもチョー暑かったみたいだし。

初めてみたロケ地でした。

2015年12月 6日 (日)

「第三者」終了

「致、第三者」も、今週15話にて終了しました。

あんなラストが待っているとは・・・・。まあ、二人のどちらを幸せにしても問題だからね。ああするしかなかったのかな。
それにしても・・・・・。

誰も幸せになれなかったよね?暗くはないけど。

うううううん・・・・・。

まあ、これで収穫と言えば、振倫をやったマーカス・チャンという俳優を知れたことかな。
これから出てきそうなすっきりとした男前です。

あー。

鬼基友も先週終わったし、土曜に見るものがなくなっちゃったよ~~。つまんない。

また新しいドラマ探さなくっちゃ。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »