モーションウィジェット

  • モーションウィジェット

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月29日 (日)

「アニキに恋して」

Photoきゃ~~!!

「愛上哥們」が「アニキに恋して」というタイトルで放送準備中だって!!

やった~~!!

リッツ。

いい仕事してるぅ~~!!shine

「17歳」第8話

「17歳」第8話。

アリスの当時の苦悩と真実を唯一知っている瀚明。
逆に彼女が現在、どういう状況におかれていてどんな危険が迫っているかを唯一知っている皓一。

それぞれがアリスを守ろうとし、互いを遠ざけようとする。

失くした記憶は取り戻した方がいいのか、それともこのまま思い出さない方が彼女のためなのか。

記憶を取り戻したいアリスは、皓一と一緒に”秘密基地”に埋めたタイムカプセルを開けに行く。
ところが掘り起こしたカプセルの中はなぜか空っぽ。

「私の記憶と一緒ね」

実は彼女よりがっかりしていたのは皓一の方。

17歳の彼はあの時、10年後のアリスへ向けての手紙を入れていたのだ。

家に帰り姉にカプセルを掘り起こしたかと聞いてみたが、彼女も蕾蕾もあの後行くのも嫌で一度も足を踏み入れていないとのこと。

「二人でもないとすると・・・・やっぱり彼女か・・・・」

掘り起こして中身を持って行ってしまったのは、記憶を失う前のアリスだろう。

その翌日。

アリスは研究部門から瀚明の管轄である営業部へ異動となる。

「一日ぼーっとしていても仕方がないし」

けれどこれは瀚明がアリスを手元において皓一らから彼女を守りたかったから。

ここで疑問。

当時彼女が誤解を受けた原因は自分にあったのだから、彼自身が当時の顛末、事の真相を彼らに打ち明ければいいんじゃない?なんでそうしないの??

わからん・・・・。

なんとか誰にも迷惑をかけずに一人でやっていきたいと思ったアリスは、営業第1日目に頼まれた仕事をやり遂げようと、皓一に「歓迎会をやってもらっている」とうそを言って残業。ゴミ捨て場に閉じ込められてしまう。

それでも助けを求めなかった彼女に怒りをむける皓一。

「早く記憶を戻して会社を辞めたら、あんたたちの前から消えるから・・・」

「なるほど、お前はすべての友人に対してなにかあると突き放してしまうんだな。どうりで17歳のお前は転校を選んだわけだ、理由を一言も告げずにさ。30歳になったって同じだ。おれたちが親友だなんて二度と口にするなよ。おれたちはこんなに簡単に突き放すことのできる他人同士なんだからな!」

「おれはただの他人なんだ。これからは好きにしてくれ。もう知らないから」

そう彼女を突き放したものの、泣きながら歩く彼女が心配で結局あとをついていく皓一。

地下道で座り込む彼女に、ホームレスのおじさんを使って声をかけさせる。

「あんた、そこで寝るつもりか。そこはわしの場所なんじゃ」

「ここで眠るつもりはありません。私にはほかに場所があります・・・・でも、帰っていいものかどうかがわからなくて」

「お嬢ちゃん。もしやり直すチャンスがあるんだったらそれを大事にしなさい。どうかわしみたいにはならんでくださいよ」

その言葉に、逃げずに向き合って行こうと決意するアリス。

皓一の家に戻り、彼と曉芬に頭を下げる。

「ごめんなさい。私は臆病だった」

「自分勝手でもいい。もう一度みんなと仲良くなれるチャンスを手放したくないの」

そんなアリスの言葉に、皓一も自分の気持ちを彼女に伝えようとする。

とざっとこんな感じですが。

ほんま複雑ですわ~~。

 

 

2016年5月28日 (土)

ロイ君、パリへ移動

Photoロイ君。ほんま、いつまで、そしてどこまで旅行??

スペインからフランス・パリへ移動。

ええなあ~~。

19日から始まった「ユーレイ様」。

ロイ君の「結婚なんて~」もそうだけど、昔とは比べ物にならないくらいクオリティ高くなったよね~~と感激。

そして音楽の良さ。

台湾ドラマと言えばエンディング曲。そして挿入曲。

そこからアーティストを知ってCD購入・・・・なんて。
よくやらかします。

「ユーレイ様」のエンディングはアーロンですね。

そのアーロン。

またまた日本でCD発売。で、来月来日イベントあります。

関西はこちら

https://www.aaron-yan.com/wppostplus/plg_WpPostPlus_post.php?postid=4586

アーロンと言えば。

いまだに現地では「阿布(アブー)」と呼ばれているんだよね。

最初の役名が染みついてしまったいい例ですね。彼の場合は「イタキス」で、琴子の親友を妊娠させてしまったあの「阿布」がそのまま愛称になってしまった。

いつでもどこでも、彼は「阿布」って呼ばれてる。

う~~ん・・・・そっかー。必ずしも最初、とは限らないね。
視聴者に強烈な印象を残した役名、と言った方が正しいかもね。

「二人のパパ」のパピーは、今でもみんなから”パピー”と呼ばれてるもんね。

日本でディーン君が「五代様」とこれからも呼ばれ続けるようなもの。

役者にとってはいいことなのか悪いことなのかはわからないけれども。

*私の「ユーレイ様」に対する感想は、現地放送時に書いてます。
ただし・・・もちろんネタバレになるし、話数は現地のものだからあまり参考にならないかも。

2016年5月24日 (火)

Buenas noches

ロイ君はニューヨークから現在はスペインへ移動。

誰のだか知らないけど結婚式へ参加したのち、別の町へ車で移動。

Photo

「Buenas noches」。

日本語で「おやすみなさい」。

お仕事を一休みして休暇を満喫、ですね?

「17歳」&「後菜鳥」

「17歳」も「後菜鳥」も今週は目立った進展はなし。

「17歳」は、早々にアリスの記憶喪失が会社で明るみに。

それでも「スパイがいる」と一歩早くCapital社に報告を入れたために、アリスと皓一、二人の首はつながった。

一方、かつて親友たちと仲の良かったころの彼女に戻ったと知っても、一度壊れた友情は戻らない。

「あんたは記憶を失くしたかもしれないけど、こっちはそうじゃないのよ」

そう。
あの時の説明をしたくても、今はその記憶だってないんだしね。というか。
アリスの記憶はあの事件の前に戻ってるわけだし。
どうして友情が壊れてしまったかがそもそも理解できていない。

実験結果を狙っている人間から彼女を守れるのか、友情は取り戻せるのか。

どうでしょう。

「後菜鳥」。

美美の困難は、わりとあっさりかたがついちゃったね。(予想外)

来週は二人の関係が会社内にばれる展開。

え~~?なんだか普通過ぎない?展開が。

二人がひっつくのがそもそも早すぎる・・・・。もうちょっとイライラさせてほしかった。
これからイライラ、あるのかもしれないけど。

*追記

Photo_2
こんなに企業とコラボするドラマって・・・ある?

いいのかなあ。日本じゃここまでって、多分ないよね。

https://dr-douxi.com/product_form.php?ProductID=3053&FirstTypeID=1&SelectTypeID=1

写真は新・美美です。雨棠たちが開発?した・・・・。

これで爆売れしたらまさしくドラマさまさまでしょうけど、ドラマが商品販売の片棒担ぐのって正常なメディアの姿とは思えないけど・・・・。

2016年5月23日 (月)

マーフィーの愛の法則

「マーフィー」。

Photoようやく日本放送決まりましたよ??万歳!!

タイトルは「マーフィーの愛の法則」。

ちょっと・・・ひねり足りない気もするが。

夏からの放送を予定。放送局や詳細は未定。
やっと決まったね?!もう待ちくたびれちゃったよお。

いやあ~~これ、ぜひみなさんに見てほしいのよね。本当におもしろいから。
なんちゅうか・・・かわいくってドキドキして。

恋愛の描き方、ものすごくうまいっていうか。
考えさせるっていうか。

とにかくとにかく、かわいい二人にメロメロなんだよな~~。

ぜひノーカットでお願いしたい。
ノーカットならばDVD、買いたいですshine

2016年5月16日 (月)

「後菜鳥」第11話

「後菜鳥」第11話。

いやあ~~~展開、早いねえ。

王会長が息子(子譽)の嫁にちょうどいい、と雨棠を評価したことを追い風に意を決して告白した子譽。

「父とはいつも意見が合わない。だけど初めて意見が一致した」
「君のことが好きだ」

彼女の手を取ろうとした、まさにその手を奪いに現れたのが紀凱。

あっけにとられる子譽を一人残し、彼女を引っ張っていく紀凱。

「ちょっとどういうつもりよ!」
「私がおそうじおばさんだからと言って好きにしていいとでも??」

そんな彼女の口をつまんで、Kiss。

「聞いたよな。仕返ししたいのか、面倒見たいのか、守りたいのか。今のが答えだ」
「だっておまえが好きだから」

ひゃ~~!

その後はもう急なラブラブモードに突入。

ねええ。子譽のことはどうするの?
忘れてない?彼だって告白したんだよ???

うーん。

結局王会長も成分の使用にOKを出したし順風満帆な雨棠に思えるけれど、そうそううまく行くはずがない。

賭けともいえる危ない販売戦略を打ち出した課長だが、おいおい、そんな危ない方針を勝手に決めてもいいのかい?会社に大損をもたらしそうな気配なんだけど。

案の定、来週、美美はつぶしにかかられる。

雨棠のママが亡くなった日。
卵はいっぱいあったのに、あえて卵を買いに出かけたママ。

それが紀凱のためだったと知っているのは彼一人。

これってまたこの先になにか暗雲をもたらす暗示なのかなあ?

ロイ君、ニューヨークで野球観戦。

ロイ君はニューヨークですね??

だって、ヤンキースの試合見に行ってますから。ヤンキーススタジアムに。

Photo「今日の先発は、田中将大」

だって。

マー君。この日もあまり調子がよくなかった。残念。

2016年5月15日 (日)

「17歳」第6話

「17歳」第6話。

死ぬかも、という現実を前にして心残りのないよう「To Do List」を作成したアリス。

彼女の変わりように面食らう周囲。

そして一番の心残り・・・・13年前、永遠に一緒と誓いあった親友たちに言いたかった真実。
もう一度同じ場所で三人に会い、打ち明けようと心に決める。

皓一と違い、蕾蕾と姉は行きたがらない。
けれど彼は「これまでずっと心に引っかかってきたんじゃないの?」と二人を引きずっていく。

同じころ、会社への裏切りを断ったアリスは、彼女の研究データを奪って他社へ移籍しようと狙っている部長からの襲撃を受けて昏倒。

約束の場所へ行けなかった。

いつまでも現れないアリスを心配した皓一は倒れている彼女を発見。
病院へ運ぼうとタクシーを探しているとき、偶然彼の携帯に入ったラインメッセージを目にしたアリスは、彼がこの会社へ来た目的を知る。

「私に近づいたのは仕事のためね?」
「あんたに研究データは渡さない!」

そういって彼の手を振りほどき道路に飛び出したアリスは車にひかれそうに。

なんとか助けた皓一だったが、彼女は意識を失ってしまっていた。

病院へ運んだ彼は、医者からアリスの脳に腫瘍があること、今すぐ手術を行わなければならないこと、成功する確率が50%だということを聞かされ、これまでもう一歩踏み込んでこなかった自分を後悔した。

「どうか彼女の目を覚まさせてください!」

手術後、昏睡から目が覚めないアリスにずっと付き添う皓一。

やがて目を覚ました彼女は、記憶が17歳に戻ってしまっていた・・・・。

-------------------------------------------------------

親友たちと仲たがいしたことや、それから転校してしまったこと。
13年間誰とも連絡を取り合ってこなかったこと。
30歳になった自分は周囲から「マシーン」と呼ばれるような冷たい無機質な人格になってしまっていたこと。

それらすべてを忘れてしまったアリス。

けれど研究データは狙われている。
それをどこへ隠したかを知っているのは彼女だけ。

また、Capital社からA.Iという研究員を探れと命令を受けてやってきた皓一との関係はどうなる??

複雑~・・・。

大盛り

うちの家は繁華街にあります。駅近です。食べるところに困りません。

家の裏・・・と言ってもいいような場所に古い飲み屋街があって、それこそ古~い中華屋さんがある。

大盛りで有名で、お昼時には学生さんが並んでいるような。

結婚したてのころ一度旦那にせがまれて行ったことがあるけど、他にも中華屋はあるし、古いし狭いし、以降行ったことがなかった。
ところが最近、また旦那がせがむようになって。

「え~~~?」と言いつつ。
帰りが遅くなりがちで、晩御飯を作れない引け目もあり承知することに。

久々に行ったその店は、とにかく安かった。そして量が半端なく多かった。

喜んだ旦那は、さらに度々行きたいと言うようになって、あまり間をおかずに行くこと三度目。

頼んだのはチャーハン、餃子、スタミナ野菜炒めとかいうものを各1人前ずつ。

それでも「ド~ン!!」と盛られてくるので、食べきれるか危ぶんでいたところ。

少し遅めの時間だったため、私たちの次に来たおひとりさま以降客足も途絶え、ついに暇になったご主人がやおらなにやら作り出した。

私はその量から(およそ茶碗一杯分)、(はは~ん。客足も切れたし、ここでまかないを作るんだな)と興味津々で様子をうかがっていた。

(あれ・・・チャーハンかな)
(まかないにチャーハンかあ・・・。妥当だけどあきないかなあ・・・・)

ついに出来上がったその茶碗一杯分のチャーハン。
茶碗に山盛り押し込まれたその物体があろうことか私たちの前にド~ン!と置かれたとき。

何が起きたのか理解できなかった。

「え・・・・っと・・・・・????」

するとご主人。

「二人で食べると思わへんかったから・・・・少なかったやろ?」

え?
ええええ??

チャーハンを二人で分け合って食べるんだと知っていたら、もっと量多く作ったのに。

そういうこと・・・・なんですね?

そう。これはご主人の気持ち。追加なんですね??

でも。でもでもでも。
お宅のチャーハンはただでさえすごい量なんです。
それにスタミナなんたら炒めなんて、皿一杯のキャベツの上に、炒めた肉がドサーっと乗っているんです。
それでも今日は結構食べれる自分だったので、チャーハン、なんとか片付きそうだと思っていたんです。

Oh、No!!

申し訳ない。
残すのが大嫌いなうちの旦那も、さすがに無理でした。

「せっかくのお気持ちなのに、残して申し訳ありません」
「いやいや、こっちのほうが余計なことしてしまって・・・・」

おっちゃん。
ありがとう!お礼にまた来るわ!!

でも・・・いろんなメニュー頼んでみたいから、”量少な目”って頼めるとうれしいな。

2016年5月11日 (水)

「後菜鳥」第10話

「後菜鳥」第10話。

鑫威生科から提供された新成分を投入した新・美美が完成!

街角やエステ店などで行った商品名を隠したアンケート結果も上々。

いよいよ・・・と意気込んだところへ横やりが。

肝心の鑫威生科・王会長が自社の目玉成分を安価な商品に使われることへの不快感を表明し、使用を許可しないと言い出した。

息子である子譽がなんと言ってもダメ。

がっかりする三課を、「一度の挫折であきらめるのか」とハッパをかける紀凱。

奮起したみんなはそれぞれ手分けして王会長への接触を試みる・・・・。

そんな出来事と並行して、愛莎は紀凱へ告白し。
次回、子譽が雨棠へ告白する。

予告ではね。

来週、アーロンファンは「きゃ~~!」(「ぎゃあ~~!!」かな?)と叫ぶことでしょう。
(予告ですでに叫んでるか)

2016年5月 8日 (日)

「17歳」第5話

「17歳」第5話。

アリスに粘着する何皓一。なんとか氷りついた彼女の心を溶かしたいと思ってる。
自分は以前と変わらずアリスのことを思っているとわからせたい。

宋瀚明は自分のことを思い出せないまま興味を示してくる白舒蕾をもてあそぶ。
それは仕返しのため・・・・自分の、それともアリスのため??

蕾蕾が仕掛けてきた賭けで酔っぱらったアリスを家まで送ってきた皓一は、彼女の携帯に友人一人登録されていないこと、家には食べるものが何もないこと、食器さえ一人分しか置いてないことを知り、彼女の深い孤独の生活を知る。

「何皓一。なんでまた私の目の前に現れたの?」

「私はとっくにあんたたちのことなんか忘れてしまったわ。あんたたちは私を見捨てたんじゃなかったの?」

「プレゼントを用意してたのに・・・・ちゃんと誤解を解きたかったのに・・・・なのに誰一人来てくれなかった、誰一人・・・!」
「ごめん。行ったけどものすごく遅れちゃったんだ・・・・。だから今帰ってきた。君の言いたいことは全部聞くから言ってくれよ」
「もう遅い。プレゼントは捨てちゃったしどこにもない・・・・お願いだから二度と私の目の前に現れないでちょうだい。あんたを見るたびに私はここ(心臓)が痛むのよ」
「そんなこと言わないでくれよ。ごめん。君の心の傷みは僕が作ったのかい?他にもまだ僕の知らないことがあるのかな」
「私にもわからない・・・なにもわかってない・・・私なんかいらないくせに・・・・」

そのまま朝を迎えた二人。

目が覚めたアリスは彼を追いだしにかかる。

「わかった。自分で出ていけるから。でもまた来るよ」
「やめて。会いたくないの」
「アリス。ちゃんと聞いて。僕は一度も君を見捨てたことはない。今回も同じだ。努力を続けるよ、君のここ(心臓)に届くまで。二度と辛い思いはさせない」

そう言った皓一が帰った後、頭に激しい痛みを覚えたアリスは仕事を休み病院へ。
そこで脳に腫瘍ができていることを知る。

手術の成功確率が50%と聞いて動揺するアリス。

そのまま出勤した彼女の様子に不安を覚えた皓一は、「機嫌が悪いまま仕事をしちゃだめだ」と、思い出の氷屋へアリスを連れ出す。

けれど、彼女の好きだった手作りプリン氷はもう販売されていなかった。

「私の機嫌が氷一杯ごときで治ると思っていたの?」

それでもつきまといをやめない彼に「どこへでもついてくるわね?」と向かった先はバンジージャンプ場。

「(どうしよう、ほんとうについてくるなんて・・・・)」

「怖けりゃやめれば?」
「誰が怖いですって?怖がっているのはそっちでしょ。怖いなら着いてこないでよ」

「怖いならなぜ飛ぼうとするんだ」
「だって知りたかったから。死ぬ前ってどんな感じなのかを」

そして、飛んだ。

その後、なぜ死ぬ前の感じを知りたがったのかとたずねた皓一に自分がもうすぐ死ぬかもしれないことを言おうかと一瞬迷ったが、やはり言えなかった。

自分の死を、彼の気持ちを知るための道具にしたくなかったから。

しかし彼は、また彼女を失いそうな不安を感じていた。

会社へ戻って実験を続けていたアリスは、集中力を欠いて爆発事故を起こしてしまう。

それは扱いづらい彼女を辞職へ追いやろうとする会社にとっては好都合な事件だった。

追い詰められた彼女を再び連れ出す皓一。

連れてきたのは新しい氷屋。

そこには手作りプリン氷がある。

「あの店が君を裏切ったとしても、すべての店が裏切ったわけじゃない。アリス。何があったとしてもすぐにあきらめてほしくないんだ」

この店に入る前に彼は「かえるの王さま」=「鉄のハインリヒ」という童話の話をしていた。

自分を鉄のハインリヒに例えられたのだと思っているアリスに対して、彼は「誰が君をハインリヒだと言った?」と、ハインリヒは自分だと語る。

「君にかけられた呪いが解けて自分を取り戻したとき、その時僕はハインリヒのように君のことを喜ぶよ」

さて、アリスの心の呪いは解けるのか。
手術は?仕事は?

行方が気になります。

2016年5月 5日 (木)

GW

GW、いかがお過ごしですか?

私は3日から神鍋へ行ってました。最近よく行きます。本当にいいところです。

スキーの聖地だからペンションもいっぱいあって緑もいっぱいで。
来月からホタルも見れる。

前なら軽井沢までよく行ってましたが、神鍋で軽井沢の気分を十分味わえると思う。
軽井沢ほど洗練はされてないけど、山はもちろん海も近い。
鳥取砂丘だって1時間で行ける。

いいところです。

どうやらRITZ、「愛上哥們」を買いそうですね?もちろん「マーフィー」にも手を伸ばしている様子。
そうそう。
この2つはどうしたって買わなけりゃ!

ほんと、首を長くして待ってるんだからね。

ああ~~「マーフィー」ならDVDまで買っちゃうんだがなあ。1週間が待てないほど楽しみだと言う作品は久しぶりだった。

現在台湾では、もちろん「後菜鳥」がぶっちぎり!このまま突っ走って3%まで行っちゃえ!!

内容はベタでも、やっぱ面白い。

三立は視聴者のひきつけ方がうまいのよ。

「17歳」も私はおもしろいんだけどね。人気の俳優を使っているはずなのにね。なぜだか収視率は思うように伸びてはいない。
だけど、私は見ますよ~~。

だって。
アリスがどうなるのか、どうしてああなったのか気になるもん。

それはさておき。

最近、台湾俳優さんと似ている日本人俳優がとても気になる私です。

似ていると感じるのは私だけ?かなあ・・・。

Photo_2Photo_5

まずポールとムロツヨシ。

そしてシェ・クンダーと高橋一生。

どうかなあ・・・・?

Photo

Photo_6

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »