モーションウィジェット

  • モーションウィジェット

« 「後菜鳥」15話 | トップページ | 「後菜鳥」来週最終回 »

2016年6月20日 (月)

「17歳」第11話

「17歳」第11話。

今回は簡単に。(明日試験なもんで)

空に飛んで行った風船を目にしたアリスに記憶が蘇る。(のちに”まだら”回復だとわかるが)

「思い出したわ!私が好きだったのはあんただった」

晴れて恋人同士となった二人。だが、話しているうち、アリスが思い出したのは楽しかったことだけで仲たがいしたことなどは覚えていないということがわかる。

そんな皓一は、唯一真実を知っている瀚明から当時のことを聞きだし衝撃を受ける。
あの夜のできごとの真相を。

「彼女の記憶が戻るまで、できるだけのことをするんだな。でないと、記憶が戻ったらおまえも耐えられんだろうさ」
「そんなことはない。今度こそ、二度と彼女を放さない」

しかし瀚明は、まだすべてを話したわけではなかった。

皓一が去った後、こうつぶやく。

「おまえはアリスが転校した本当の理由を知っちゃいないんだ」
「おまえらは彼女がのけものにされた寂しさに耐えられなくて離れて行ったとずっと思っているんだろう?」

いじめを受けていた瀚明を助けたこと、女王:蕾蕾と仲たがいしたことで、阿泰から指図された女子生徒たちからいじめを受けていたこと、またそれを見ていた蕾蕾に見殺しにされたこと。

そんな辛い記憶はアリスに蘇ってほしくない思い出だった。

できれば忘れていてもらいたい。

「この秘密は絶対に守るよ」
「君は楽しい思いを担当してくれ。この13年、味わうことができなかった幸せを取り戻すんだ」

アリスにはまだまだ人格を変えてしまうほどの辛い思い出があるようで。
思い出しても皓一と一緒にいられるのか。乗り越えられるのか。

どうでしょう。

« 「後菜鳥」15話 | トップページ | 「後菜鳥」来週最終回 »

台湾ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「後菜鳥」15話 | トップページ | 「後菜鳥」来週最終回 »