モーションウィジェット

  • モーションウィジェット

« ブリーダーの夏 | トップページ | 羽ばたく日 »

2016年8月15日 (月)

心の傷には「マーフィー」を。

「マーフィー」。

もう楽しみで楽しみで。昨日はONタイムで、今日は出かけていたので先ほど見終わりましたがやっぱ・・・・いいなあ。

うん。

人との別れで傷ついた人にはぜひ見てもらいたい!
未来へと歩いていくための素敵なセリフが満載です。
一体どなたが書いた脚本なんでしょう。考え抜かれたシチュエーションに小道具。
そのひとつひとつが心に残って忘れられないアイテムになっていくんですよね。

今週は「靴」と「足」。

家尉の「離婚後事務所」でケア中の顧客・リンダが家尉に結婚を迫り、断られたからと言ってビルの屋上から飛び降りようとしている件(くだり)で、その場に偶然居合わせた曉彤が彼女に語りかけた言葉が秀逸。

「私は自分の足に合わない靴を履き続けたりなんかしないわ」
「あなたに今必要なのは同情じゃなくて、いかに自分を愛するかを学ぶことよ」
「私は失恋をして大切なことを一つ学んだの。釣り合わない人は選んじゃダメよ。心がすれ違うと、独りでいるより寂しいから」

そして彼女は自分が履いている靴を脱いで、リンダに与える。

「この靴、あなたに貸しておくわ。足をケガしているでしょ?」
「その傷ついた足を守ってくれる靴が必要よ。私のじゃ合わないかもしれないけど・・・・長く歩けるような自分に合った靴が欲しいなら、時間をかけてゆっくり探すといいわ」

足は自分。

靴はパートナー。

そしてマーフィーの恋愛の法則の一つである、「人に愛されようと思うならまず自分を愛しなさい」も盛り込んである。うまい!

この靴。

これからも時々いいアイテムとしてちょろちょろでてきますよ~~。お楽しみに!

主役の二人は、スタートは反目し合っているのだけど、二人そろってとにかく”善良”。
たとえようもなく”いい人”。

互いに心に傷を負っているのは同じなのに、癒す方法が真逆だというおかしさ。

この先、家尉が負っている傷はそれだけではない・・・・ということも明かされていくわけですが、もうもうこの二人、底抜けにいい人でかわいいんだよなー。
思わず「頑張れ!」「頑張れ!」って・・・・二人の背中を押したくなっちゃう。

お話は全部知ってるのに。

来週が待ちきれないよお~~。

« ブリーダーの夏 | トップページ | 羽ばたく日 »

台湾ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブリーダーの夏 | トップページ | 羽ばたく日 »