モーションウィジェット

  • モーションウィジェット

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

長野ファンミ写真

ロイ君、長野ツアーのファンミ写真がアップされました!

もちろん、わたくしも写っておりますよん。

Photo

2016年9月29日 (木)

「アニキ」放送開始

「アニキ」始まりましたねえ。やっぱ、おもしろいですね。

現地放送を見て結論も知っていて・・・・。
それでも日本放送を毎週楽しめるという作品は半分くらい。

その上DVDまで持っていたいと思うのは2年に1本くらい。

「マーフィー」はその1本。

そして「元カレ」もその1本。

多分、この「アニキ」もその1本になるのかも。すべて三立なのがすごい。

そう思うと・・・・今季の三立は不作ですねえ。期待した「狼王子」も毎週一応見てはいるけど・・・・内容と展開が・・・・あまりに不合理で。

今の展開だと、別に主役をわざわざ「狼王子」にしなくてもよかった気がする。
返って内容の無理さが目立ってしょうがない。

脚本の三立らしからぬ雑な内容ですよね。
まあそもそもヒロインの女優さんが好きじゃないってのもあって、感情移入しにくいんだけどね。

「アニキ」。

1話の放送を見て、現地放送を毎週楽しみにしていた気持ちを思い出しました。

メーガンとバロンが仲良く楽しく演じているのが画面から伝わってきて、、見てると二人が大好きになってしまう、そんな作品です。

2016年9月25日 (日)

今日のマーフィー

今日のマーフィー。

136曉彤に家の鍵を渡したとき、「朝食、待ってるぞ」と強引に彼女を来させることに成功した家尉。

朝の5時から待ってるんだよね~。(どんな早起き!?ジジイか!!)

彼女がやってきたのは朝七時。決して遅くないのにさ。遅い、とご不満な家尉でした。

ところが・・・。

140実は料理が苦手な曉彤。
もたもたやってると家尉が手を出してくる。もう、これが萌え~~でして。

お得意の「後ろから」シリーズ。

そして、私の大好き、曉彤抱き上げ移動シーン。(これ、彼女だからあんなにかわいい”画”になるんだよね?)

139結局、全部家尉が作っちゃった。

いざ食べようとしたときに電話が。

先日二人で参加した結婚式の主役・阿達からの緊急の呼び出しでした。

駆け付けたのは病院。そこには同じく呼び出された芝羽も。

141新婦・小怜に子宮頸がんがみつかった。ショックを受ける夫婦に二人で寄り添う家尉と芝羽。

小怜が検査を受けている間、昔話をしているところへやってきた曉彤は、声もかけられずそのまま帰って行く。

ふてくされてどか食いしているところへ家尉からの電話が。

142ここのやりとりもかわいいのよね~。

ようやく嫉妬してくれたと喜ぶ家尉は、この後決まった1週間の出張に大騒ぎ!!

なんのことはない。
曉彤と離れたくないだけ。

143それでも行くことにした彼はすごい方法をみつけた。

再びポロをダシに、一週間、彼女を自分の家に住まわせることに!

家尉のなりふりかまわぬ好き好き攻撃にはほんに赤面いたしまする・・・・・。

さて、阿達と小怜のその後の展開は、実はものすごく主役の二人の今後に影響してくるんですよね。愛の形というのかな。このドラマ、深いのよ。
なんで金鐘奨にノミネートされないのか、不思議でしょうがない。

ロイ君長野ツアー報告

はい。お待たせしました!

ロイ君の長野ツアーのご報告です。

Photoとにもかくにも、人数が少なかった!(数えた人が44人だと言ってた)

24日の午後11時半長野駅に集合し、12時にバスで果物狩りに出発・・・というこのツアー。

大阪から参加の私は、夜行バスも考えたけど結局朝4時起きで電車を乗り継ぎ向かいました。

バスはたった1台。

これがスーイベントツアーを知っている身には驚きで。

参加してみてわかりました。なんで長野だったか。

まず10月から長野放送で「結婚なんて~」の放送が開始されることに加え、長野をアジアに紹介する番組(それがどの国の番組なのかはわからないんだけど)の撮影があったから、なんですよね。

撮影があったので彼は3日ほど前に長野に入り、Facebookに載せてくれた「竜」の写真シリーズはその撮影時のもの。
ふう~~ん。納得。

今は東京ニコ生の映像を載せてくれてますが、昨日のツアーメンバーのお顔もお見受けします。
みなさま、辛苦了!!

さて、バスはさるリンゴ園に着きましたが、やるのは”ぶどう狩り”。(はは!)

Photo_5でも狩ってるひまもありません。なにせすぐにロイ君が現れてツーショット写真会となりましたから。

44人なのですぐに終わります。じっくり話す人もいました。

しかし写真が白くなってしまって一部撮り直しということで、まんまと私もその中に。(再びの大接近ですよねー)

この写真。実はそれでも不具合があって結局夜宿でも撮り直しが行われ、その時はスーツに着替えた一層かっこいいロイ君とツーショットを。
最初はきれいに写った1枚だけ、と言っていたのに、太っ腹。2枚ともいただけることになりました。(やったー!!)

ブドウ狩りが終わると宿へ。

Photo_2その後、長野放送局内で行われるサイン会へも参加。
でも・・・・これがさらに少なかった。ツアーメンバーがいなければ会場がガラガラに。
ロイ君に大変気の毒でした。

サインをいただいて、一旦宿へ。

Photo_3すぐに宴会場へ集合。夕食をいただき終えたころにロイ君の生出演番組を全員で視聴。

そして。

番組を終えたロイ君がスーツ姿で登場!!

Photo_4

まずは先ほど書いたツーショットの撮り直し。
その後は司会者であるH.I.Sのお兄さんとのやり取りの間のみ許された写真撮影タイム。

終わるとロイ君からプレゼントが。

3jpg2ロイ君が代言をやってるお茶(ロイ君ラッピング)と、彼が大好きだというセブンイレブンの「とろりんシュー」。

その後はゲームで、残った一人はロイ君フィギュアをもらってました。

これでイベントは終了。ロイ君は退場しましたが、誰かがH.I.Sのお兄さんに「台湾ロイ君ツアーをやってくれ」と申し出。お兄さんも「やればみなさん、参加します?」と乗り気でした。

うん、近ツリよりもずっといいと思うよ。
ぜひやってください!!

ということで。

私は今日は朝6時半に起きて、2時前に家に到着。帰ってきました~~。
長野は遠い・・・・。

けど、また来月行くんだよね。

なぜかって?
だって、旦那が私が一人で行ったのが悔しいらしく。
来月行こうってさ!!

お金・・・・ないんですけどお?

昨日のマーフィー

ただいま~。って、どこから?

はい。

長野へ行ってました。もちろんロイ君イベントツアーです。

その報告はのちほど。先に、帰って一番に見た「昨日のマーフィー」のおさらいです。

5月16日。つまり、15日の翌日のことですね。
曉彤は欣欣たちに、芝羽が家尉の家に来たことを報告。

132「だって長年付き合ってきた二人だもの。帰国して会いに来たって理解できるわ」

動揺してない風に語る彼女に、欣欣はこう言うんですよね。

「家尉と交際を続ける気なら素直になりなさい。心理学で解決しとようとしちゃダメよ。なぜ無理して平気なフリするの?」

艾倫も。

「そっけないと彼に好意が伝わらないぞ」

「冷凍豚肉(家尉)はあなたと出会ってアツアツのトンカツになれた。(うまい!!)彼に心を開かないと何もかも芝羽に持って行かれるわよ!?」

131また、子諺の方も母親からこう言われるんですよね。

「弁当を作ったりサーフィンに行くよりも曉彤と会って愛を育みなさい」

「好きだからといって頻繁に会う必要はないだろう?それに彼女は・・・・意中の人がいる」
「それがなに?関係ないわ。ダメ元でアプローチしてみるのよ。好きなら追いかけなさい!」
「母さん。彼女が幸せなら僕はそれでいい」
「彼女を落とすなら、早く、強気で、的確に!いいこと?優しいだけの紳士に女はなびかないの。(うんうん。そのとおりやね)」

「私は恋愛をたくさん見てきた。勝敗は最後まで読めない」
「子諺。ターゲットを追うか、でなきゃ他を探しなさい!もっといい子がいるかもしれないじゃない」

そういう母親に、彼はこう返します。

「でも・・・・恋愛はサーフィンと同じだ。いい波が来るのを待ってる。最高の波を逃したら、他ではもう満足できないよ」

うう~~ん。深いなあ~~。

彼にとって曉彤は”最高の波”やったんやね。

好きや!って思った人には、もう別に好きな人がいた。だからと言って、ああそうですか、じゃあ別の人を・・・・とはいかないわな。

128曉彤を誘ったPOLOの試合。

なんと敵チームのメンバーとして芝羽が現れた。

様子のおかしい家尉の態度に思いをめぐらせる曉彤。

そして周囲や彼の話から、芝羽との別れ方に原因があること・・・・つまり、彼女が突然彼の前からさよならも言わずに消えたことが大きなしこりとして残っていることに気がつく。

129「だから彼女が現れた時様子が変だったのね」

「私はどうすればいいの?」

家尉が作ってくれたパスタを食べながら、曉彤はこう切り出す。

「欣欣と艾倫があなたにあだ名を付けたの」
「何と?」
「”冷凍豚肉”って呼んでるのよ」
「冷凍・・・豚肉?!ヒマなヤツらめ。もっとマシな名にしろよ」
「だって最初は冷たい人に見えたんだもの。・・・・・さっき怒った時もそうだった。温かみのない表情をしてた」
「”怒った時”?・・・・僕は別に怒ってないさ」
「・・・・私がきまずい思いをしないかと心配して----あの場を離れたの?」
「違う。西門たちがうるさいからさ。過ぎたことをグダグダと・・・・」
「・・・・そんなに気を使わなくていいのよ。平気だから」
「まったく・・・・。気を使っているのは君だろ?自分の感情を押さえて・・・・。僕といるときは自分を出して。嫌なことは嫌って言っていいんだ」
「じゃあ、あなたも約束して。無理はしないって。過去を気にしてないフリはもうやめて」

130「さっきは突然彼女が現れて動揺したと思うけど、まだちゃんと二人で話し合っていないんじゃない?」
「・・・・・終わったことだ」
「お母さんのこともなぜ黙って去ったのかずっと考えているでしょ?芝羽は戻ってきたのよ。きちんと話せば答えが出るかも」

彼女を車で送った家尉は別れ際にこう言った。

「君から言われたこと・・・・よく考えてみるよ」

133しかしこうも言う。

「なぜだ?君は嫉妬をしないのか?」

そして彼女に家の鍵を渡すんですよね~~。(キャーキャー!!)

別れた後、家尉はちゃんと芝羽と会い彼女とのケリをつけます。(まあ・・・芝羽の方はすべてを話したわけじゃないけど)

134もうすべてが遅いと悟った芝羽の、今真実を言ったって同情を買うだけ、それは愛されないより残酷だ・・・と嘆くバックに流れる曲の歌詞の内容が・・・・これまた辛い。

そんな彼女を励ますのは曉彤の前カレ・整形外科医の凱文。

「君は辛いリハビリも乗り越えた。言ってただろ?”彼の存在が私の支えだ”と。」

「”成長した自分を彼に見せたい”それを目標に頑張ってきたはずだ。仕事には復帰できたのに----なぜ恋愛は諦める?」

135そして聴診器を彼女の耳にかけこう言います。

「心の声を聞いてごらん」

「自分の力でとりもどせ」

芝羽もかわいそうなんだけどねー。恋愛は独りよがりはだめってこと。
どんなときもつくろわず、ありのままの自分を伝えておけばよかったのに・・・・。

正直でないと相手を傷つけることにもなるし、結果、大事な人を失ってしまうことに。
愛されているから1年くらい待っていてくれるはず・・・・。
それは愛されているということに胡坐をかいてたってことだよね。

どんな時もまず相手のことを考える曉彤とは対照的だ。

さあ、この三角関係(四角関係?)どうなって行くのでしょうか。

家尉は真実を知っても曉彤への思いは変わらない???

2016年9月22日 (木)

長野放送

24日午後6時。

ロイ君長野放送に生出演です。

「土曜はこれダネッ!」。

でも・・・・。この日、くだもの狩りでその後ファンミだよね??
一体どうなるの??

あと、ディーンさまがアニメのオープニング曲を担当しました。
おお~~。全部英語とは・・・・。

彼にとって、その方が作りやすいのかもね。

http://yurionice.com/news/detail.php?id=1040751

2016年9月21日 (水)

ロイ君 松本に出現

ロイ君、先に松本へ??

それから東京戻って・・・・また長野??

Photoふううう~~ん・・・・。

2016年9月20日 (火)

ロイ君、台湾出発

ロイ君、8時間前に出発!!

「出かけてくる」

「旅のイベント、緊張する」
「最近、すぐに緊張するんだ」てさ。

台風、過ぎてよかったね!

くだもの狩り、りんごにぶどう・・・かな?

どうやら結構少人数。

ロイ君自身が楽しめるイベントだといいね。

2016年9月18日 (日)

今日のマーフィー

今日のマーフィー。

あああああああ。毎日叫んでしまう。

いいドラマだなあああああああ。

127今日は5月15日。(って、ドラマの日がね)

この日は家尉にとっては忘れられない特別な日。

打ち合わせで偶然彼の卓上カレンダーに「The Day」と記されていることを知った曉彤は、「なにか特別な日なのかしら?」と不思議に思う。(うまい伏線!!)

この日彼女にうちに来てほしい、と半ば強引に要求する家尉。
ポロをダシに使って彼女を呼び出した後、とある公園のベンチへと彼女を連れて行く。

「僕を理解したいんだろ?」

そういうと、彼は子供の頃の話を始めた。

子供のころ学校が終わると、このベンチに座って母が迎えに来てくれるのを待ったこと。
父がいない時はこっそりその母がアイスを買ってくれて二人で座って食べたこと。
ここが二人の秘密基地だったこと。

ところがある日、いくら待っても母が来なかった。

待ちくたびれて一人で帰ると、母が荷物を車に積んでいるところで、重そうだったからつい積むのを手伝ってしまったこと。

しかし母とはそれっきり。

「今でも悔やんでいる。”母の意図に気づいていたら”と。僕が手伝わなければ・・・・泣いて引き止めていたら----母は留まったかも」

「別れを告げるのはすこしも難しいことじゃない。でもなぜだろう。僕の大切な人はいつも突然いなくなる」

すると曉彤はベンチから立ち上がって彼にこう聞いた。

「どのくらいアイスを食べてないの?」

そういうと彼の手を取ってアイスを買いに行った。

そして、買ったアイスを家尉に差し出して彼女はこう言うんですよね。

「一緒に食べる人を失ったなら私が付き合うわ」

「アイスを見ると悲しい過去を思い出すかもしれないけど・・・これからは私がいる。二人で楽しい思い出に変えていきましょう!」

人を慰める・・・・人に寄り添うってこういうことなのね?と、本当に勉強になります。

彼女の温かな言葉は、家尉の心に空いていたどうしても埋められなかった二つ目の大きな穴にどっと流れ込んで行く。

「曉彤・・・・」
「うん?」
「恋愛ドクターを見くびっていたよ」

「職業は関係ないわ。今はただあなたを慰めたいだけ。約束よ。今度からベンチでアイスを食べるときは私も一緒よ!」

126「なあ」
「うん?」
「なぜ人は恋愛すると思う?」
(曉彤は肩をすくめて「さあ?」という表情)
「それはね・・・・一度に2種類の味を楽しめるからさ!」

そういうと、彼は彼女のアイスを盗み食い。

122そんなかわいい小競り合いで洋服をアイスで汚してしまった曉彤は、彼の家で服を洗い、乾くまでシャツを借りるんですが・・・・これが実にエロチックな展開で。

萌え萌え名シーンも満載!!

さらに服が乾いてもなんだかんだ言って彼女を引き止める家尉がみえみえ過ぎてかわい過ぎる・・・・。

でも彼女は彼がなぜそんな風だか、ちゃあんとわかっているんだよね。

119帰りかけて立ち止まり、振り返って家尉に対してこう語りかけるのね。

「毎年この日は一人で過ごしたくないんでしょ?」

「ごめんね。もう遅い時間だから帰らなきゃいけないの。・・・・・過去を打ち明けてくれてありがとう」

124そういうと彼女は手を伸ばし、彼の頭をそっとなでた。

「安心して。これから5月15日は私がそばにいるから」

また温かいものが家尉の心の中にどっと流れ込んできた。

123こんないい子、他にいないでしょー。
いくら前カノが飛び切りの美人だって。
どんなに昔大好きだったって。

彼女ほど心を温かく包んでくれる女性はいない。
誰が何と言ったって、家尉には曉彤がベスト!!

そう思いませんか??

今日のマーフィー

「今日のマーフィー」。(もう今週じゃないのだ!!)

いやあ~~もういいねえ~~~。

なんて素敵なんだ!!なんてかわいいんだ!!

恋愛初期のいいところが全部詰まってる。

117そして、ようやく過去に別れを告げて新しい恋愛に向き合ったばかりの家尉の前に、ふさがったばかりの穴の張本人が現れるんですよね。

明らかに動揺する家尉。

例のブレスレット。

曉彤が出してくるタイミングもセリフも、そしてシチュエーションもすべてが素敵!

結婚式場を後にして二人が向かったのは縁結びの神様のところ。

なぜこんなところへ・・・?といぶかる家尉に「習慣だから」と。

113出会いの場を提供する会社に勤めている彼女。
会員の結婚式に呼ばれれば必ず出席し、その後ここへお礼参りに来ることを習慣にしているのだと語る。(いい子だ~~weep

そこには「赤い糸」が置いてある。

116それを手に取る曉彤を「他の男と出会いたいのか?」と責める家尉。

「ばかね。姉さんによ」
「でも、私も赤い糸を持ち歩いているのよ」

そう言って取り出したのがあのブレスレット。

「ねえ。つけてくれる?」

私には家尉がちょっとためらったように見えた。

114きっとさっき再会した前カノのことが頭をよぎったのね。
でも、意を決して彼女の腕にブレスレットをつけたことで「後戻りはしない」と心が固まったように思えたよ。

ブレスレットの意味は「一緒に歩いて行こう!」だもんね。

115恋愛初期のときめきのまっ最中に時々現れる暗雲。

けれどそのたび家尉の中で、曉彤が与えてくれる幸福感、安らぎ、やさしさがかけがえのないものとして育っていくのよね。

「この先どんな人が現れたとしてもこの手を放さないから」

118そう。

その手を放さないで!!

家尉をこの世で一番幸せにしてくれるのは、かわいくて善良で心優しい曉彤しかいないんだから。

2016年9月12日 (月)

今週の「マーフィー」

今週の「マーフィー」。

106うん。名場面の嵐ですね。

ド派手な告白シーンは見てるこっちまで気恥ずかしくなるが、彼の言葉にはグッとくるのよ。

初めて見たとき、本当に感動した。あの”逆説的告白”には。
そして、「一緒に歩いて行こう!」の意味を込めたブレスレット・・・・。

これ、今後もすごく大切なツールになるんだよね。

107返事に悩む彼女に子諺がかけた言葉も素敵よね。

「君って自分の恋愛には疎いんだな。釣り合うかどうか(”對的人”=正しい人 という意味だけど、私なら”釣り合うかどうか”より”正しい相手かどうか”といったニュアンスの方が正解だと思うけれど)悩んでるってことは君にとって彼はすでに特別な人じゃないのか?」

111「恋愛は料理と同じだ。頭で考えるより心で感じて決めればいい。君ならうまくできる」

そして彼はその後、自分の母親の電話にこう答えるのよね。

「たった今、大切なものを失くしたんだ」

こういったセリフ回しも、ほんとに素敵。

猪突猛進の家尉に対して、新しい恋愛にあまりに逃げ腰な曉彤。

深夜に呼び出され、初めて家尉の住んでいる家を目にしてさらに臆病になる。

「ちゃんと考えたことなかったわ。あなたは自分の会社を持ち、立派な家で一人暮らし。私の生活環境とは全然違う」

「今日初めてあなたの家に来て----ガレージや庭を見たときすごい豪邸に住んでいると思ったわ。それで気づいたの。私たちの距離は思ってたほど近くないと」

うん。前カレからフラれたのは相手のママに反対されたからだったもんね。家柄が釣り合わないって。

112「なにを心配している?」
「きっと私はあなたを理解できない」

そして、相性を判断する材料がそろっていないことを言い訳にする。

「他人のことは励ます癖に、なぜ自分は臆病になる?僕が君を好きなのは、君が君だからだ。相性なんか知るか!関係ない」

110「なぜ君が破局したかを分析しよう。君への愛が足りなかったんだ。相性の問題じゃない。それに本当に好きならそんなこと気にするか?」

そんな彼の言葉とポロのグッジョブもあって。

彼女は家尉と向き合うことを決意する。

109この後彼の友人の結婚式に二人で参加をしますが、この結婚式が後々の展開に大きなかかわりを持って来る伏線ですので、よお~く覚えておいてください。

来週も楽しみ~~happy02

2016年9月11日 (日)

お幸せに。

なんかさー・・・・。

Kenちゃん、とーっても幸せそうでよかったー。あんな顔するんだ。

いつもちょっとどことなく影があって。
みんなでいてもさみしそうで。

お仕事頑張ってもいろいろ書かれ、言われ、叩かれ、裏切られ。

辛かったよね。

小さいころからさみしい思いや悲しい思いをいっぱいしてきたKenちゃんだから、幸せにしてくれる女性が現れるのを影ながら願ってきたけど、ほんとよかった。

四人の中で1番にパパになった仔も幸せそうだ。

もうあまり注目されなくなった今だからこそ、四人が穏やかにつかめた幸せなのかもしれない。

だからね。
SMAPも。
あと何年か経てば、ああやって笑顔で肩を組める日がきっとやってくるよ。

そういうもんだ。

2016年9月 8日 (木)

ノミネート(記事追加)

おめでとう!!

ロイ君の「必娶女人(結婚なんてお断り!?)」が金鐘奨にノミネートされました。

5年前、「進め!キラメキ女子」では前評判に反して受賞できなかったロイ君。
今度こそ手にできるといいね!

http://star.ettoday.net/news/771470?from=fb_et_star

そんなこんな記事をみつけたら、ついでにこんな記事もみつけてしまった・・・・。

Kenちゃんがバリで結婚式を挙げて、仔がパパになって。

ひっそり(っていうか、私が知らなかっただけだけど)F4が集結していたのね。

http://star.ettoday.net/news/771726?from=fb_et_star

Kenちゃん・・・・。

誰かわからなかった・・・・。

<追記>

ロイ君、「滾石愛情故事」の方でもダブルノミネートされたんだね??

http://japan.cna.com.tw/news/aart/201609090001.aspx

ノミネートされたこと。

ロイ君はすごく期待しているんだね。

ノミネートされた日から、ずっと自分に「平常心、平常心」と言い聞かせてる。

「母が平常心でいなさいよ、と言った」
「平常心、平常心、やることはやった、平常心、平常心」

私的にはこの「必娶」がノミネートされたことが正直驚きだった。(逆に「滾石」の方はわかる。金鐘が好む傾向のドラマだもん)
収視率そんなに高くなかったし。
評判だってあまり聞こえてこなかったし。

作品としては同時期放送の「後菜鳥」よりは上だと思うが、前後に放送された「マーフィー」や「鬼基友(元カレは~)」「アニキ」の方がよかったような。

「金鐘」の選考基準ってほんとわからない。

でも、映像がきれいだったし、もちろんお金もたっぷり投入。巻き返しを図る東森渾身の一本だったことには間違いない。

アリスちゃんがこれまでにないキャラクターをしっかり演じ、ロイ君も、自分の俳優人生はこの役をやるためだった、と語ったくらいに頑張った作品。

審査員の目に留まったことは当然かもしれない。

後は、いわゆる”アイドルドラマ”と呼ばれる分野が賞をとるのが難しいとされている金鐘で、何部門入賞できるかだよね。

ロイ君としては作品の評価はもちろんだけど、俳優としての自分の評価が気になるところ。
しかも「滾石」はオムニバスドラマで何人も主演をやった俳優がいる中で彼が男優賞にノミネートされたということは、真実にその演技力を評価された証。
こんなうれしいことはないはず。

今、毎日ドキドキしながら待っているんだよね。

再来週、来日しても・・・ひょっとして気もそぞろ??

結果の発表は10月8日です。

2016年9月 7日 (水)

ロイ君ニコ生

ロイ君ニコ生放送日が決定!

http://f4.tv/marry/onair.html

2016年9月 6日 (火)

歯医者

今日私はお休み~~。

でも来週は6連勤。世間は三連休ですが、私は2連休?です。

休みと言っても最近では病院ばっかり!歯医者がずっと続いている上、先週は女性検診でやっぱり病院。
今日なんか同じ歯医者に一日に二度行かなけりゃ・・・。

一度目は治療の続き。二度目は歯科衛生士さんの検診。
なんだかな~~・・・・。

今通っている歯医者は地域でも有名な良医で、特に理事長はインプラントの権威。

ここに住むようになってずっと通っているけど、数年前駅前の再開発であたらしくできた駅ビルに理事長が分院を開設。本院も駅近だけど、駅ビルの方が通いやすいしきれいだし、仲良くしている衛生士さんがそっちに移ることもあって私も移動。

その後担当してくれていたのは分院の院長だった。

ところが今の支店に転勤した私に土曜出勤日ができてなかなか先生とスケジュールが合わず。

そうこうするうち今年、理事長がまた思い付きで分院(3階)の下にもう一つ分院(1階)を作っちゃった。

このせいで3階では6時半以降の治療はしない決まりとなったため、自動的に私の治療は1階で、となり。
また先生が替わった。

その先生。若いけど、衛生士さんが「もし歯の治療するなら○○先生に頼む。だってうまいんだもん」と影でいうくらい腕はよいらしい。

ふう~~ん・・・・・。

確かに、私が「冷たいものや熱いものが染みるんです」と訴えても、院長先生は「でもね、いろいろ調べたんですが虫歯ではないしお薬はちゃんと入っているし。多分知覚過敏だと思うんですよね」と、その訴えに対する治療は行わなかった。
けどこの先生は違った。

何度も咬合紙を噛ませては、噛み合わせの調整を試みてくれている。

先生の予想?では、これまで治療の過程で口に入ったクラウンや詰め物が噛み合わせを変えてしまい、特に最近奥歯を両方いじったことで奥歯が現在しっかりあたっておらず、食べるときに中盤から前歯にかけての負担が大きくなったことで染みているとのこと。

なので、毎回ちょこっとけずったり、シリコンを足して高さを変えたり。

実にそれが毎週続いているんだなー。終わりが見えない・・・・。

先生は特にクラウンや詰め物に対しての熱意がハンパない。
なので、院長先生が勧めてくれた左下奥歯の詰め物がジルコニアだったのに(しかも入れたのは今年初め?去年?)「硬すぎる!!」と取っちゃった。
しょっちゅうセラミックをかみ砕いてしまうから、安心のためにより硬いジルコニアを勧めてくれたのに・・・・。

去年やはり私がかみ砕いてしまったインプラントのセラミックの歯を理事長が入れ替えてくれたんだけれど、その時奥歯を当たらないように、と噛み合わせを低くしてしまったのも気に入らない。しかも、その歯の形も「なんでこんな変な形・・・・・」とたまにつぶやく。

私の噛み合わせが悪いのは小さいころから。今じゃ顎関節症にもなっている。

思えば虫歯じゃないけど痛いなら・・・と神経を抜かれたり、削られたり。
いらぬ治療をされてきたよなー。
今更ながらに後悔するような。

先生の腕には期待したい。
けど。
週一の歯医者通いは結構ツライよ~~。

先生。

シリコン入れても一週間で削れてまた高さが変わるんだから、そろそろ詰め物かクラウンそのものを入れ替えちゃいましょうよ~~bearing

2016年9月 4日 (日)

今週の「マーフィー」

今週の「マーフィー」。

104出ました!名物の”肩ドン”。

そっかー。あれ、こんな早いタイミングで出てたんだ・・・・。

萌え萌えシーンもすでにこれだけ出ていますよね。

105①手が届かない曉彤を抱き上げ

②手が濡れて使えない曉彤の髪をくくる

③一晩中酔った曉彤への肩貸し

④肩ドン

⑤大泣き映画館でのブランケットかけ

これからもっともっと名物シーンが出てきますよ~~!?

自分に自信を失った曉彤を必死に励まそうとする彼の行動にキュンキュンします。

直感で、どうするのが一番彼女の力になるのかをわかっているところが憎い!

なぜ姿を消した彼女を追って、あの肩ドンにつながったのか。
理由は彼の過去の経験にあるのですが、家尉が一番恐れているのは突然大事な人が自分の前から消えてしまうこと。

だから、彼女を一日中探し回ってようやく見つけた時、ほっとしてあの”肩ドン”になったんですよね。

わけがわからず、その行動にただただびっくりしている曉彤の自然な表情。
ジャーインちゃん、ほんとうまいですよね。

どんどん曉彤に魅かれている家尉は、来週、過去の恋愛と決別し、目の前にある新しい恋に向き合おうと決意します。

前にも書いたけれど、ほんとこのドラマって無駄な展開がひとつもない。

素晴らしい脚本だと思います。

「アニキに恋して」1話先行配信

「アニキ」の1話先行配信が始まりました。

貼っておきます。

メーガンの番宣もよろしく!

台湾には日本の宝塚のように”男装の麗人”という対象がないので、これ以降メーガンの人気が急上昇したんですよね~。特に女性から「カッコいい~~!」と。

芸能人からもモテてモテて。

背の高い彼女のある意味”欠点”が”武器”へと昇華された作品でした。

バロンとの相性もバッチリ!

ぜひ見てあげてください。

2016年9月 2日 (金)

「結婚なんて~」BS放送開始

明日3日から、BSで「結婚なんて~」が放送開始!

http://twellv.co.jp/event/kekkon/

毎週土日の午後4時からね。お見逃しなく!!

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »