モーションウィジェット

  • モーションウィジェット

« 如朕親臨 | トップページ | 孔明山 »

2016年12月13日 (火)

なんだかなあ。

「如朕親臨」は・・・・・まだわからん。

収視率は1話より若干上がったけど、まだ低い。展開が見えないので来週も見ると思う。

「イタキス」新版は・・・・・・。うう~ん・・・・・・ええ~と・・・・・。

まったく過去作品を引きずっていないところはいいとして、原作さえも尊重していないのでは?と思われる。
あまりに内容が・・・奇抜で。

現代的と言えば現代的。
出演者もほぼ新人・・・というか無名の人ばかり。まあそれはいいとして。

ヨウニン監督が大事にしていた原作へのオマージュは今のところ感じられないなあ。

なにより直樹より金ちゃんのほうが男前ってのはどうかと思う。

前作を引きずっている部分と言えば金ちゃん役の子がすごくジローに似ているというところだけ。なら直樹だってもうちょっと誰かいたんじゃない?と心からそう思う。

これ、見てると面白くなっていくのかな。
日本のSPOが制作に関わっているから絶対に日本に来るんだけど、日本人にこの内容と布陣で受けるかな。
日本人に受けるなら、主役の”顔”は大事でしょ。おまけに脇役も全然魅力的じゃないし。

なんか変な実験シーンで、申し訳ないけど私はリタイア。

アリエル版のパパ、ママ、じんこたちがどれだけ作品に影響を与えていたかを思い知った。
そう。脇役の顔ぶれも重要なのよ。

一体台湾はどうしたんだ?
俳優さんたちは?監督たちは?
みんな大陸へ行っちゃったの??

まあ・・・・ほとんどそうなんだけど。

一部は植劇場に集結。(郎姐を久々に見れてうれしかった!)

ほっとしたが・・・・内容的に重い。日本で放送するには・・・どうかな。
(リッツが準備しているみたいだけどね)

最近こういうオムニバス形式、よくやるよね。監督一人が一つの物語を担当して、それを数話集めるってやつ。

これなら撮影期間が短くて済むから、有名な俳優の手配も可能ってわけなのかな。

以前のようなドラマはもう台湾で作れないのかな。

悲しすぎる。

« 如朕親臨 | トップページ | 孔明山 »

台湾ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 如朕親臨 | トップページ | 孔明山 »