モーションウィジェット

  • モーションウィジェット

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月14日 (火)

価値観を学ぶドラマ

「拝金」は先日見終わりました。泣きながら見ました。

それを見終わった夜、キムタクのドラマを見た。なんにも心に響かなかった。

誰にも共感できない。なににも心が動かない。
一応見てる、という状態です。

幸いに視聴率はいいみたいだけど、その数字に内容は伴ってないと思う。
まあ、あのキムタクは可もなく不可もないが。

今回見直した「拝金」。

私の中での地位は向上しましたよ。あんなにいいドラマだったとは。

その直近のドラマとして「秋のコンチェルト」というのがあって、私の中ではどうしたってそちらの方が名作という位置づけでした。

ところが、今見返した「拝金」は、まぎれもなく名作。

当時は三高の男性やブランド品がもてはやされるような世の中。
女性の価値観が、外見、お金、うわべに振り回されていた時代。

それに警鐘を鳴らす内容の、その実大変深いドラマだったことに今改めて気がついた次第。

「君が本当に欲しい物はなんだ?」

その生い立ちから、愛を信じない。人を信じない。信じられるのはお金とブランド品だけ。
そんな女が、本当に信じ、愛してしまったのは貧乏なバイオリニスト。

お金があっても、一人で食べる夕食はむなしい。
お金があっても、自分の名前を捨て、自由を失うのはむなしい。

欲しいのはお金か。

欲しいのは心の幸せか。

お金がないこと=不幸と考える彼女が最後にたどり着いたのは、「ありあまるお金があったとしても、彼がいない人生なんて少しも幸せじゃない」。

最後に彼女たちにそれを教えてくれた耿会長。

私が今回最後に感動したのは、それを知った楚曼が病床からわざわざ降りて会長の足元にひざまずき、こう言った場面です。

「父がいないから、父親がどんな存在かわからなかった。価値観を教えてくれる人もいなかった」
「いろいろ苦心して大切なことを私に教えてくれた。ありがとう・・・・!」

演じている俳優さん自身の感動は、見ているこちらにも伝わってきます。

こんな豪華なドラマは、何度も言うけどもう作れないよね。

熊薫林は最後まで好きにはなれなかったけどね。
でも彼女自身が楚曼と同じような経験をこのあと辿ったようだから、その際にこのドラマの内容を思い出して頑張れたかな?

彼女のドラマ出演は、なんとこの「拝金」一本きり。

そういう意味でも貴重なドラマですよね。

タイの休日・・・?

今日、私は休みですheart01

で、特に予定もないので(バレンタインデーだけど旦那もいないし)あまりにも体がガチガチで辛いので、近所にいつの間にかできていたタイマッサージ店へ行ってみました。

あ~~極楽やった。

スタッフは全員タイ人とのこと。(今日はたった一人でやってたけどさ)

お店の中の作りはタイの町中のマッサージ屋さんのような作りで、特に凝ってるわけでないけどほんとに”タイの町中のマッサージ屋”という感じで。

値段は安くもなく高過ぎもせず、まあ妥当というところ。

腕がよければ大阪まで出る時間を考えれば相当お得。

そしてその腕。

うまかった。大満足!

タイでマッサージを受けても、時には施術者と相性が合わないこともあっていつも100%満足というわけにはいかない。

つくづく私の体にはタイ式のアプローチが合ってるんやね、と思う。

最近、インド式を受ける機会も増えたけが、こちらはあくまでデトックス効果を狙って受けるわけで体のコリをほぐしたくて行くわけじゃないし。

頭の先から手足、お尻、背中・・・・すべてがコリまくってるのをほぐしたいときは、やっぱりタイ式に限る!しかも、施術者がタイの人でなきゃ絶対にダメなのだ。
あの人たちはマッサージやエステをするために産まれてきたのでは?と疑いたくなるような癒しの手とすごい技の持ち主たちだから。

今日の店、絶対にまた行くね。
通いやすい値段じゃないから度々・・・・とは行かないけど。

体が悲鳴を上げたら絶対に行くわ。

2017年2月11日 (土)

「拝金」LOVE

最近、「拝金」を見直しているのですが。

あの頃のドラマはすごいね。力があるね。

見ているとちゃんとテーマが見えてくる。
訴えたいことが理解できる。

ボロボロ泣けた。なんでかわからないけど。
楚曼は嫌な女だし、演じた香港の女優さんもあまり好きなタイプじゃない。
けど、どうしてだか涙がこぼれる。

彼女の生き方が不器用で切なくて。
その孤独さが悲しくて。

もちろん結末、知ってます。知ってますが最後に見たのは数年前だから、思った以上に心が揺さぶられます。

楚曼ほどではなくても、女なら誰もがもっている打算的な部分とか、理想と現実とのギャップに心が揺れる部分とか。
”旬”を過ぎた女として扱われるみじめさとか。

ものすごくわかるからなんだか辛くて、そして哀れでかわいそうで。

涙がこぼれる。

もうラストの部分なんだけどね。

この頃のVanneはピークだったよね、すごかったよね・・・・などとも思いながら、懐かしみながら見ています。

*蛇足ながら、私、那哥の演じた役の中では、この”ピーター”が一番好きです。
彼はほんとなんでも演じますよね。やくざでもサラリーマンでも超能力者でも。でも、このピーターが一番那哥の演技力のすごさを実感できます。素敵な役です。素敵な人です。

2017年2月 9日 (木)

「マーフィー」DVD発売決定!

「マーフィー」のDVD。

セル&レンタルは5月2日から開始です。

http://f4.tv/murphy/dvd.html#a1

http://www.cinemart.co.jp/dc/t/marphy.html

イベントもあります。(でも東京。しかも、まだ誰が来てくれるかわからないんだよねcatface

2017年2月 2日 (木)

邱澤 visit  松本

ようやくみつけた。

ただ、細切れなのよね、残念ながら。

それでも内容はわかるから、よければどうぞ。

https://www.facebook.com/JapanVISIT3/videos/784584555029192/

https://www.facebook.com/pg/JapanVISIT3/videos/

「アニキ」DVD発売

「アニキ」のDVDが3月2日発売です。

そこでBiiのインタビュー映像が出ています。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »